2010年2月東京本校で講義

今日は東京本校に出張しました。

各本校、様々な特徴があります

東京本校は、日本の中心だけあって、年齢性別、過去の職業、

全く違う環境から参加されている方が沢山在籍しています。

また、達人の先生方のスタッフとして働きながら参加されている方もいます。

日本の中心として、回復法を行う整体師として、誇りを持って学んでいます。

東京本校で学ばれている先生方の特徴として、

半年間の間に、確実に学院三法を学び、実践していくということにあります。

(もちろん、他の本校も同様です。)

今日の私の講義は、筋ウエーブ方の理論と実践です。

私の講義指導においても、確実にものにして帰ろう!

という意気込みが感じられました。

もっと知りたい、自分のものにしたい!

そのような熱意を感じられると、私もうれしくなり、

ついつい、余分な?応用技まで指導してしまいます。

来月の先生方の成長がとても楽しみです。

コースとコースの間で、どれだけ多くの方に回復法を実践できるかで上達が違ってきます。

来月は、先生方の顔つきが良い意味で変わっていることを期待しています。

懇親会では、楽しいお酒をありがとうございました。

では、来月もおうかがいしますので、楽しくやりましょう!

関連記事

  1. 整体院開業に向けて一つ一つ石を積み上げて・・・

  2. 前入りの門下生と研修生と楽しく飲みました!

  3. 整体とは‘‘カラダへの傾聴‘‘なのだと思いました。

  4. 八王子で回復整体指導者会議!

  5. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消

    座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消

  6. 整体師がチームを組めば足跡は「資産」となる