自らの心身の痛みを知る

講義メモ

———————

患者さんの痛みを知るには「自らの心身の痛みを知る」必要がある。

病気や怪我をすれば、正常でない自分を知ることができます。

健康ばかりの人生では患者さんの痛みに寄り添うことは難しいです。

それをチャンスとして考えれば整体師は大きく成長できます。

———————

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

http://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 仲間-拠り所-技術の真ん中に整体師がいることで成功すると考えています。…

  2. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。

    【理論】自然な動きとは(索引用簡易版)

  3. 講義資料「程度と加減」について

    講義資料「程度と加減」について

  4. 家庭や職場、教育現場でできる「回復整体」

  5. 整体院は地域に存在を「知らしめ」信頼されること

  6. 患者さんの苦しみに寄り添う

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)