人生の大半を整体に関わったわけ

日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。

さて、私は人生51年生きてきていますが(笑)
大半を整体に関わってきています。

いろいろ考えてみて
何で整体なんだろう~~って想ったんですね。

そして想い出したのは
私が幼少期の時の母親の姿です。

母は昔からカラダが弱く死に目にも3回ほど遭遇しています。
実際のところ4回目の死に目で本当に死んでしまいましたが。。。

いつも頭が痛いと険しい顔でした。
亡き父との仲も悪く、暗い顔ばかりしていたんですね。

だからそんな母を見るのが嫌でしたね。

自分では意識していたのかしていないのかわからないのですが
幼少期の母の姿が脳裏にあったのか?!
自然と「整体院を開業する」と言った主人にも従い賛成しました。

で夫婦で公務員を辞め、こうして整体の事業をしてきました。

よかった半生だと思い返しています。

まずは両親に施術できたこと。
そして患者さんを元気にできたこと。
で、何よりカラダが元気であることが一番幸せなことがわかりました。

たくさんの方の独立開業のサポートもできました。

誰かの一助になれたならそれでいい。
いろんなこと起こって本当に大変な独立起業してからの23年。

読者の皆様も毎日お仕事大変な方もいますよね。
ああ~~辞めたいな。他にもっといい仕事ないかな・
独立したい。。でも失敗したくない・・
でも今の仕事いやだ~~~~!!って。

でも、なぜ自分はこの仕事しているのかな??って考えたときに
必ずきっかけみたいなものがあって
なぜか気になるからしているんだと思います。

最近、あるきっかけから、
「 視点を変えて観る 」ということを知りました。

毎日見ている風景でも、視点を変えてみると違う風景だったりします。
いつも自動車で通る道も、散歩をしながらみると違って見えることもあります。
同じように、
物事って捉え方によって180度違ったりしますよね。

今、お身体が不調な方、そんなご家族をお持ちの方、
整体で独立してみたい!と想っている方、

いつも観る景色を違う場所から見てみると、
なんだかほわって温かくなるかもしれません。

そんなこと感じた金曜日の午後でした。

本日の動画は12年前、私たちがこの回復整体を全国にお伝えしようとした
初の体験会の動画です。
ここがスタートでした。
ぜひ体験者のご感想をお聴きしてみてください!ホント!ビックリしてる様子がわかります!

関連記事

  1. 整体院開業に向けて一つ一つ石を積み上げて・・・

  2. 整体師に最も必要なこととは?

  3. 標準アプローチ法における骨格検査法/挙上検査(仰臥位)

  4. 整体師の試練・・・パニックに陥らないこと!

  5. カラダもココロも、しなる竿になろう!

  6. 整体師にはたったひとりのサポーターがいるだけでいい!!