26.座位頸椎椎間板牽引可動法/座位(首の痛み・可動不良等)

26.座位頸椎椎間板牽引可動法/座位(首の痛み・可動不良等)
姿勢健康回復法<目次>

上記「姿勢健康回復法」のバナーをクリックすると<目次>に移動します。

26.座位頸椎椎間板牽引可動法/座位(首の痛み・可動不良等)

座位の姿勢で椎間板にアプローチする

  • 図のように、相手の後方に施術者は半身で寄り添う形をとる。
  • その後片方の掌底を相手の後頭部にあてがい保持する。
  • もう片方は額にあてがい、呼気にて牽引をかけ、可動法を行う。
  • 吸気開放する。
  • 座位の姿勢で椎間板にアプローチする。
  • 相手の背中に施術者は半身を寄せる。
  • その際、出来るだけ脇をしめ、相手の後頭部に掌底をあてがい、密着させる。
  • 反対側の掌底は相手の額にあてがう。
  • 吸気にて牽引し、可動法を行い、呼気にて開放する。
  • こちら側の掌底は相手の額にあてがう。
  • 軽く保持するのみで、決して強い厚保を入れてはならない。
  • 腕力だけで牽引をかけることなく、施術者の身体全体で頚椎を牽引するよう心がける。
  • 十分に牽引がかかったところで、左右に可動を行う。

動画解説

姿勢健康回復法<目次>に戻る


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 9.五指牽引可動法/仰臥位(足関周辺可動制限解消複合技法)

  2. 12.股関節周辺の調整/仰臥位(股関節痛・股関節の動作改善)

  3. 21.右後方の椎間板調整法/仰臥位(首の痛み・寝違い等)

    21.右後方の椎間板調整法/仰臥位(首の痛み・寝違い等)

  4. 姿勢健康回復法 理論解説

  5. 頸椎椎間板検査法(姿勢健康回復法バージョン)

    頚椎椎間板検査法<解説>

  6. 15.両脇下筋可動牽引法/仰臥位(呼吸困難・拳上動作改善)

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事