7.踵骨牽引法(足関周辺可動制限解消複合技法)

姿勢健康回復法<目次>

上記「姿勢健康回復法」のバナーをクリックすると<目次>に移動します。

7.踵骨牽引法(足関周辺可動制限解消複合技法)

踵骨を両掌で包み込み主に拇指と示指を使い情報に向け牽引をかける。

  • 踵骨を両手で図のように保持し、上方に牽引をかけ、下方に戻し数回行う。
  • 骨を両掌で包み込み主に拇指と示指を使い上方に向け牽引をかける。
  • 奥にめりこんだ踵骨を引き剥がすイメージで行うこと。
  • トントンと軽く行うか、上方で数秒間保持しても良い。

※足関周辺可動制限解消(複合技法)  特記事項
関節可動法(前後・左右・回転)、微圧、牽引(横・交差)
踵骨(しょうこつ)牽引可動法(上方牽引)
身体を支える足関節の可動域を広げることで更にその上部(膝・股関節、骨盤周辺)まで調整する。

動画解説

次の記事「8.足指の可動調整(足関周辺可動制限解消複合技法)」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 25.脊柱起立筋緊張法/座位(椅子から立ち上がると腰が痛い等)

    25.脊柱起立筋緊張法/座位(椅子から立ち上がると腰が痛い等)

  2. 9.五指牽引可動法/仰臥位(足関周辺可動制限解消複合技法)

  3. 20.後方の椎間板調整法(首の痛み・寝違い等)

    20.後方の椎間板調整法/仰臥位(首の痛み・寝違い等)

  4. 19.左右の椎間板調整法/仰臥位(首の痛み・寝違い等)

  5. 1.開脚可動法/伏臥位(股関節・骨盤調整)

  6. 21.右後方の椎間板調整法/仰臥位(首の痛み・寝違い等)

    21.右後方の椎間板調整法/仰臥位(首の痛み・寝違い等)

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。