顎(あご)の回復法/顎の痛み・顎関節症

前の記事「耳の回復法/耳の回復整体/耳鳴り・耳の痛み」

~痛みのバリエーション 応用編~

顎関節の回復法(あご)

《症状》
顎間節には途中で「ガクっ」と横にずれて口を開くと痛みが出る
大きく口を開けようとすると顎のどこかに痛みを感じる
一見しただけで左右どちらかに顎がずれて見える・・等

※ 顎関節の違和感は咀嚼に大きな影響を与え人によっては頭痛を起こしたりする。
※ 矯正というと痛みを伴うものと思いがちですが回復法は全て完全無痛で出来る。
(写真はさまざまな症状に対しての手法の一例です。)

1)顎関節の軌道修正

2)顎関節周辺筋肉群の緊張を解消

相手にゆっくりと口を開けてもらう。

その際顎関節の動き、方向性(脳の学習パターン)を考え適切な関節の動きに修正していく。

僅かな変化を見逃さずに軌道修正する。

 

次の記事「頸椎の回復法/様々な痛み・ストレートネック・ヘルニア等」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

 

関連記事

  1. 大腿四頭筋(前側・仰臥位膝曲げ片足)に行う筋ウエーブ法その2

  2. 腰痛回復法/椎間板に問題がある場合その1

  3. 上腕(肩関節)の前方転位の回復整体/可動法

  4. 出産前後及び乳幼児の回復整体

  5. 大腿四頭筋(外側・仰臥位膝曲げ片足)筋ウエーブ法

  6. 耳の回復法/耳の回復整体/耳鳴り・耳の痛み

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。