上肢大胸筋・ 腋下筋軽圧可動法/五十肩・息苦しい

上肢大胸筋・腋下筋軽圧可動法/五十肩・息苦しい

上肢大胸筋・腋下筋軽圧可動法

~痛みのバリエーション 応用編~

APPの前胸部の可動法は本来弛緩させての回転・牽引である。
(弛緩状態)通常(APP)で解消する(回転により瞬間に牽引がかかるため)
しかし、それでも解消しない場合、しっかりと前胸部の筋肉を牽引する必要がある際、この技法を行う。
大胸筋、腋下(腋窩)の筋肉、脇の下にかける場合は上方に移動し、上肢をそのまま上げて回転を行う。
回転、牽引ともゆっくり行う。

1.動画解説

2.

対応症状

四十肩・五十肩、腕が上がらない、胸が苦しい、息苦しい、その他肩関節の可動不良等。

技法の手順


1.施術者は図のように相手の対象とする側に位置する

施術者は図のように相手の対象とする側に位置する

2.相手の上肢を伸ばし、肘が曲がらぬよう、掌全体で保持し矢印のように牽引をかける。(拇指を内側、他の四指は外側に)梃子の原理で相手の上肢を挟み込む。

内転、外転を行う。同時に施術者のもう一方の五指は対象の大胸筋や鎖骨周辺の筋肉群に微圧又は軽圧を行いながらアプローチする。

3.写真2で保持した上肢を図のように保持したまま内転、外転を行う。同時に施術者のもう一方の五指は対象の大胸筋や鎖骨周辺の筋肉群に微圧又は軽圧を行いながらアプローチする。

腋下の筋肉群に対し、牽引をかけながら行うことも出来る

4.図のように相手の上肢を伸ばし、腋下の筋肉群に対し、牽引をかけながら行うことも出来る。この場合、図のように体勢を変えて行う。

図は、腋下の筋肉群を五指を使い筋繊維を掌握して行う応用もある。(このときも、上肢の固定は緩めないこと)

5.図は、腋下の筋肉群を五指を使い筋繊維を掌握して行う応用もある。(このときも、上肢の固定は緩めないこと)


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

関連記事

  1. イス姿勢位骨格歪み診断法<イス腰掛検査法>

  2. 直立姿勢位歪み診断法<腸骨検査法>

  3. 施術の目的は「脳への伝達」体の歪みの徹底解消

  4. 1.イス姿勢位回復法<イス足組法(骨盤前後の調整法)>

  5. 回復整体院のルール

  6. 回復整体応用法/疲れ目、奥の目が痛い、ドライアイ、かすみ目、涙目、眼精…

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み