あなたの壁は何?誰?

 日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。
 
 さて、本日は壁について

 目にみえる現象をどう捉えるか?
 そして自分のこだわりとか?
 できない理由の「壁」をどう超えるか?

 そこで技術を習得したあとの差が出ます。

 療術のプロの方は、今までの知識がどうしても邪魔します。
 あれ?  アレ?って!

 しかし、
 療術未経験の方は言われたままに吸収する力があるので
 スッと習得できる場合もあります。

 私自身の話になりますが、
 50年も生きてきているのに
 まだだまだ自分の「壁」をぶち破れません。
 とても嫌になる時ががあります。。

 破れたら清清しいだろうな~と思います。

 冒頭の話題に関係しますが、
 以前、大好きなドラマ「過保護のカホコ」観ていて感じました。

 人生の「壁」って親だな・・と。

 行動が起こせない!
 いつまでも決断できない!
 常にマイナスに思考してしまう!

 すべて親(特に母親)というコートを脱げないからだと想うのです。

 母親が生きていても他界していても・・

 母親としては子供の壁の扉を開いてあげられない。
 いつまでも子供を自分の所有としている。

 コメディタッチのドラマをみながら、
 「真理」をつかんだ気がしました。

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

https://bodyschool.jp/csr/

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 整体を料理に例えると

  2. 長年痛みやコリで悩んできた患者さんにとって一番辛いこと。

  3. 【整体院の経営】学んだ技術が悪いから違う技術を学ぶのですか?…

  4. 回復整体の技術は再現性と即効性そして骨格問診・骨格検査・骨格…

  5. 第五中側骨と立方骨の痛み

  6. 整体院でプラシーボ効果?「施術に来ると痛くなくなる」の秘密