どんな時も寄り添うのが整体院の役割

講義メモ

—————————
整体師が患者さんに、

「こうあるべき」

「こうであってほしい」

と思うのは自己中心的考え方で押し付けです。

どうありたいかは患者さんが一番知っていることです。

その考え方に寄り添うのが整体院の役割です。

患者さんの気持ちに寄り添い、共感することです。

甘えてもらっていいと思います。

ただし、甘やかしては本人の為になりません。

患者さんの理不尽はしっかりただしたうえで、

院長先生にしかできないことで甘えてもらいましょう。

—————————-

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

https://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 施術シュミレーション

    ハプニングを想定した施術シュミレーションは現場で役立つ

  2. 子供の身体の歪みはお母さんの影響を受けるのです。

  3. アットホームは飛び抜けた整体院の独自性

  4. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)

    【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)

  5. 【重要】技術と経営、結果が出ないときは基本に戻ってみる

    【重要】技術と経営、結果が出ないときは基本に戻ってみる

  6. 標準アプローチ法実技解説/ 標準アプローチ法手順について