家族に何かしてあげられることはないですか?

 こんにちは、日本回復整体総合学院学院長の小森やよいです。

 さて、最近みなさまからのお問いあわせで多いのが
「私にも家族に何かしてあげることはできますか?!」ということです。

 はい!もちろんです。

 今日は学院代表 小森秀信の著書「感動脳をつくりない」の一部から
 この療法を学び実践してご家族を回復に導いた実例を抜粋します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 P52より一部抜粋
 リウマチに苦しんで歩くことも困難になっていた71歳のお母さんは、どうして素人同然の娘さんカンタンな施術で大きく快方に向かったのでしょうか?
 最大の要因は娘さんだからこそ、愛する母の痛みを最も自分の痛みとして感じることができる存在だったからです。
 回復法を学んだ彼女は、その理論をココロから母を思う気持ちや、それまで育ててもらった感謝の気持ちをこめて、愛する母に実践しました。
 「母のために施術できる自分がとても嬉しかった」と彼女は言っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 そうなんですね。
 私も回復整体師になって一番の最短の幸せは亡き両親・二人の娘達・社員さんにできたことです。

 回復整体は誰でもできます。
 座っていても、立っていても直ぐにできる方法がたくさんあります。

 何処に行ってもよくならないというご家族はいませんか?!
 子供さんの慢性病が気になるなど・・・・
 そんな方は家庭でできるものがたくさんあるので
 ぜひご相談くださいね。

 そでれは一番人気があって直ぐにできて
 気持いい・・・ご家族にできる施術お教えしますね。
 以下の動画をご覧ください。

 「 優しさ、サッサッサーストレッチ」
 

関連記事

  1. 【スピード】と【タイミング】年齢や環境は関係ない!

  2. 慢性痛の本当の原因とは? 身体の脳の副作用。 命を守るためやむを得ないこと!

    身体の脳は命を守るためなら死んでもいい?と・・・

  3. 整体師の仕事とは、理不尽と思えることを噛み砕いて経験とする

  4. 積年の腰痛には・・・

  5. かさぶたが消えていくのと同じ整体

  6. 医療現場からの症例報告「カウザルギーで疼痛を左足に訴える」