基本腰痛アプローチ法<伏臥位両下膝曲仙骨上部固定ゆらし動作>

前の記事「基本腰痛アプローチ法<伏臥位両膝屈曲ゆらし動作>」

基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛手順解説>

手順その③ 伏臥位両下膝曲仙骨上部固定ゆらし動作

手順その③ 伏臥位両下膝曲仙骨上部固定動作

  1. 写真のような体勢になり、ASISが上方側を内側にし、両足を交差させる。
  2. 呼気にて矢印の方向に程よい牽引をかけ、同時に掌を手刀形で仙骨上部に固定する。
  3. この際、仙骨が隆起している側に手刀を当てることがポイント。
  4. 更に呼気にてゆらしを開始。ASISの転位が修正され、隆起した仙骨が平らになる。

ポイント

手順その2<伏臥位両下膝曲動作>と同様、鼠径部及び大腿部の筋群へのアプローチを行いながら、更に手順3では、写真の体勢において、単体である、仙骨の転位を修正し全体へ影響を与えることが目的である。

伏臥位両下膝曲仙骨上部固定ゆらし動作の動画

次の記事「基本腰痛アプローチ法<伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウエーブ法>


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法>

  2. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方牽引>

  3. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位両腕上方ゆらし動作>

  4. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位両膝屈曲ゆらし動作>

  5. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方ゆらし動作>

  6. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引動作>

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み