基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛伏臥位両下肢牽引>

前の記事「基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛骨格検査法>」

基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛手順解説>

手順その① 伏臥位両下肢牽引

基本腰痛アプローチ法 両下肢牽引

  1. 伏臥位にてASISが上方側の下肢を上方に掌で保持し、吸気にて牽引する。
  2. 必要があれば、ASISが下方側の下肢を下方に掌で保持し吸気にて牽引する。(その際、下方側を最初に行うこと)
  3. 1と2の際、股関節の転位方向を考慮する。
  4. 意識する筋群は、大腿四頭筋、大腰筋、腸骨筋等(いずれも牽引)

ポイント

ASISの検査を確実に、検査により両下肢の牽引の方向性が変わる。

息する筋群をイメージする。

また、椎間板→前面が広がるとイメージする。

前屈にて不具合が出る場合の多くは鼠径及び大腿部周辺の筋群に問題があることが多い。

よってこれらの部位に関してのアプローチを行うことで骨格の位置関係の修正が行える。

伏臥位両下肢牽引の動画

次の記事「基本腰痛アプローチ法<伏臥位両膝屈曲ゆらし動作>


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

 

 

関連記事

  1. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引動作>

  2. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方ゆらし動作>

  3. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位片足大腿部筋ウエーブ法>

  4. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位両腕上方ゆらし動作>

  5. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位腰背部ゆらし動作>

  6. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法>

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)
  2. イギリス人は貯金がないのに、幸せな老後を過ごす。なぜ日本人は無理なの
  3. 多くの療術家の前、ガチンコで長年の慢性痛を改善
  4. 慢性痛の本当の原因とは? 身体の脳の副作用。 命を守るためやむを得ないこと!
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)