回復整体応用法/疲れ目、奥の目が痛い、ドライアイ、かすみ目、涙目、眼精疲労等(目の痛み)

~痛みのバリエーション 応用編~

目の回復法

《症状》
疲れ目、奥の目が痛い、ドライアイ、かすみ目、涙目、眼精疲労等
1.眼球を挟んでゆっくり左右に動かす

疲れ目、奥の目が痛い、ドライアイ、かすみ目、涙目、眼精疲労等

2.眼球を挟んでゆっくり左右に動かす

回復整体応用法/疲れ目、奥の目が痛い、ドライアイ、かすみ目、涙目、眼精疲労等(目の痛み)

3.瞼の上に指を置きその指を軽察する

4.目尻の筋肉を横引きする(眼輪筋の牽引)

5.目頭の筋肉を横引きする(眼輪筋の牽引)

 

次の記事「鼻の回復法/鼻と周辺の痛み・鼻水・鼻づまり等」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 「頸椎の回復法/様々な痛み・ストレートネック等」

  2. 筋ウエーブ法理論解説(簡易バージョン)

  3. 座位片足ゆらし腰背部指腹圧法

    座位片足ゆらし腰背部指腹圧法/他の姿勢になれない場合/腰痛(部分的)

  4. 腰部疲労痛回復法/筋ウエーブ法主体の技法(解説)

  5. 耳の回復法/耳の回復整体/耳鳴り・耳の痛み

  6. 座位大腿片足ゆらし法/他の姿勢になれない場合/腰痛(部分)

    座位大腿片足ゆらし法/他の姿勢になれない場合/腰痛(部分)

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。