整体院開業前の調査「地域性の把握」

回復整体・経営・伝達(コミュニケーション)プログラム

前の記事「整体院開業前の徹底調査の意味」

■地域性を把握することで様々な情報が得られる
■1年を通しての地域の人間の動向がわかる
■都市部か、地方か、繁華街か、住宅街か
■季節による人の動きはどうか?(お祭りイベント)
■市役所(人口など)、商工会議所などで調査する
■地域の把握は足を使うこと!
 (自動車より自転車、自転車より徒歩)
■山、川、海などの心理的障害を把握する
■地域住民の集まる場所を探す(行きつけの各サービス業
 者、商工会イベント、地域の会合、地域ボランティア、様々
 な催し)


1.地域性を把握する

私自身警察官をしていたので、犯罪捜査では地域の実情を知るという事が非常に重要でした。

「どこかの地域で何かが起こった。」と聞けばすぐに現場に向かうので、頭の中にゼンリンの地図が入っていなければなりませんでした。

どういう世帯で、どういう協力者がいて、防犯連絡所がどこにあり、病院がどこにあるのか、交通事故の多発地域はどこで、どういう人が住んでいるのかなどというあらゆる知識を入れておかなければいけないのです。

先生方もこれを習慣付けてやっていけば、必ずいろいろなことで役立つはずです。

特に、開業前に地域性の実情把握しておくと本当に得です。

 

季節による地域性の特色があれば、そこで働いている人間の職種による特色もあるでしょう。

その地域に腰痛が多くなる職種があったり、パソコンばかりして肩や首を痛めやすい職種があったり、産業を調べることで特色がわかります。

都市部か地方か、繁華街かによる特色もあります。

田舎であればお祭りなど盛んなので、お祭りの時期になると施術や患者さんの人数が減り、終わった瞬間に殺到することもあります。

 

私の地域は、茶業家が多いので忙しい5月くらいになるとパタッと来なくなり、仕事の落ち着いてくる6月7月くらいになると一気に押し寄せてきます。

そういうものを把握しながら、タイミングを合わせてチラシを撒いたり、口コミの誘発を作ったりすると集客につながります。

2.地域の把握は足を使うこと!(自動車より自転車、自転車より徒歩)

特に開業前の人は、地域の把握をしてください。

自動車でまわってもざっとはわかりますが、それよりもオートバイや自転車がよく、最もいいのは歩きです。

歩くほど、いい情報収集方法はありません。

五感を働かせ、地域の情報を肌で感じ、耳で聞きましょう。

騒音にもいろんな情報があります。

 

公園で遊んでいる人もいれば、野良仕事をしているお年寄りもいます。

そこでちょっと話を聞くようにするだけで、色々な情報が集まってきます。

そしてそれが後々生きてくるのです。

それがきっかけで、施術所に多くの人が来てくれることもあります。

3.心理を把握する

川向こうという表現があります。

文字通り、いくらチラシなどで宣伝しても川向こうの人はあまり来ず、山があると一山超えて来ようという人もあまりいません。

こういった心理的障害というものは、意外と大きく影響しています。

人口が多ければいいというものでもなく、人間の心理では他のところに比べて高い地点にはなかなか足が向かないものです。

それを把握した上で、宣伝していきましょう。

 

人目に付かないところでやっていることや、奥まった所でやっている場合も言い方次第でプラスに転じます。

同じ地域に施術所がたくさんあるということも、実はチャンスです。

施術所が少ないところで開業した方がうまくいくのではないかと考えがちですが、そういうところはそもそも施術があまり受け入れられていないために少ないのです。

それよりも住民の足の向く所で、開業しましょう。
何も無い所に大型ショッピングセンターが一つ出来るだけで、その周りにいろいろな店舗ができ賑わってくることと同じ理屈です。

同業他社がたくさんあったとしても私たちのノウハウを実行してくれれば、全く恐れる必要がないので、むしろそういうところを選んでいった方がいいのです。

田舎でも、ショッピングセンターやショッピングモール、郊外の大型店舗が集まるところは、車でなければ行けないというデメリットもありますが、駐車場にとめれば買い物が全て済んでしまうという大きなメリットもあります。

 

そういった便の良いところは、人がたくさん集まります。

また大きなスーパーの隣は特にいいですね。

女性が多いので買い物のついでに寄ろうという心理になります。

4.地域住民の集まる場所を探す

商工会やイベント、地域の会合、地域ボランティアや催しなどあらゆる所に顔を出してください。

そこで押し売りせずに「あなた何の仕事しているの?」と聞かれるような状況を作り、「こういう風にやっているんですよ。」と言うと、とりあえず試しに来てくれます。

試しに来て受けた施術が良ければ、口コミがどんどん広がっていきます。

 

次の記事「整体師の自己投資の必要性」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. どうせなら「地域No.1整体院を目指すこと」

  2. 整体師は患者さんの声を聞き、自院の本質を知る

  3. 自分が整体業界に向いているのか?向いていないと思えば職を変える必要も

  4. 整体院の将来の計画をたてる

  5. 施術所経営で成功するためのスキル その1

  6. 整体院は常に地域社会の一員としての目線を持つ

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)
  2. イギリス人は貯金がないのに、幸せな老後を過ごす。なぜ日本人は無理なの
  3. 多くの療術家の前、ガチンコで長年の慢性痛を改善
  4. 慢性痛の本当の原因とは? 身体の脳の副作用。 命を守るためやむを得ないこと!
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)