地域の整体院等(同業者)との比較をしてみる

回復整体伝達(コミュニケーション)プログラム

前回の記事「整体院の同業者調査方法とは」


次のように、調査表を作ってみるとわかりやすいと思います。

金額やベッドの配置など参考にしてください。

調査すると、オプションをたくさんつけてしまい、いったい何の店なのかわからない店が増えていることがわかります。

足をもんで、電気や足ツボ、赤外線などを使い、いろいろやって良くなりそうだというなイメージを前面に出しています。
他院との比較表(例)

 

次の記事「どうせなら「地域No.1整体院を目指す」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 患者さんの話題に合わせる情報収集を心がける

  2. 整体院(施術所)経営生き残りの戦略 その2

  3. 整体師は職人としての目線と経営者としての目線が必要その2

  4. 転換期である整体院経営 立ち向かうには?

  5. 整体院の経営で目標達成するには

  6. 国家資格取得・民間療法を学ぶ/医療系の学校で何を学ぶのか?