地域の整体院等(同業者)との比較をしてみる

回復整体伝達(コミュニケーション)プログラム

前回の記事「整体院の同業者調査方法とは」


次のように、調査表を作ってみるとわかりやすいと思います。

金額やベッドの配置など参考にしてください。

調査すると、オプションをたくさんつけてしまい、いったい何の店なのかわからない店が増えていることがわかります。

足をもんで、電気や足ツボ、赤外線などを使い、いろいろやって良くなりそうだというなイメージを前面に出しています。
他院との比較表(例)

 

次の記事「どうせなら「地域No.1整体院を目指す」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 整体師は患者さんの声を聞き、自院の本質を知る

  2. 整体師が気付かずに「陥りやすい数々の落とし穴!」の解決策

  3. 整体院の5年先までの経営戦略を立てる

  4. アナログ的な宣伝(新聞チラシ)で効果がない地域も工夫次第

  5. 施術所経営で成功するためのスキル その3

  6. 整体院の独自性を考え地域で自分の役割を徹底してPRする