整体院の役割はトータル的な自立の支援

  日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。

  今日の静岡は上着が必要なくらい肌寒いです。

  みなさん、お元気ですか?

  さて、今日のお題です。

  ずっと整体をやってきたわけですが、
  延べ12万人の方を診てきた中でいちばん思うのは
  その方の習慣と良くなろうとする自立が一番大切だということです。

 「あそこへ行けば痛みが楽になる。先生が話を聴いてくれる。
  寄りって同情してくれる。共感してくれる・・・」

  最初はいいと思います。
  もう辛くて辛くてたまらないのですから。

  しかし、良くなるきっかけがわかったのなら、
  あとは自分でその身体を維持できるように自立しなければ
  本当の意味で回復したとは言えませんよね。

  整体師の役割は、患者さんの痛みを楽にしてあげるのはもちろん、
  元気なカラダの自立へ導いて行く事が一番の使命であると思うのです。

  いつまでも通っているということは
  良くなっていないということですから。

  最短で結果を出すには、患者さんに自立してもらうこと。

  ココロの面もそうだと思います。

  誰かにすがり、誰かに愚痴を吐き
  同情してもらい気が済む。

 いろんな勉強に行き、そこで気づきを得ても一瞬だけ。

 数日後にはまたいつもの自分に戻る。

 変わろうとするから無理があるのです。

 元の元気な状態に戻るという意識でいいのでは?・・・

 最近ココロもカラダもそうなのかな?と感じました。

 元気へ戻るだけ。元気を維持する。
 み~~んな子供の頃は無邪気で元気だったんだから。

 そんなことを想った週末でした。

 今日の動画は腰痛改善のセルフストレッチをご紹介しますね。
                ↓
        https://youtu.be/2TzgFRETPTs
     ぜひ寝る前にやってみてくださいね~

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

https://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 2010年2月静岡本校第2期生修了式

  2. どんな時も寄り添うのが整体院の役割

  3. 講義資料「身体の歪み」について

    講義資料「身体の歪み」について

  4. 整体院を開業してすごく苦しかったこと

  5. 「自分を許す」ことで症状が軽くなる?

  6. 整体師も知っておこう!~身体にいいものでも毒になる~