昔からお母さんというと「手当て」を思い出しませんか?

昔から お母さんというと、「手当て」を思い出しませんか?

痛いよ~~ってお母さんのところへ行くと

やさしく手を当てて、痛いの痛いのとんでいけ~~!!ってしてくれたものです。

またお腹がいたくなったり、熱が出たときも カラダをやさしくさすってくれたのもお母さん。

みなさん、誰もがきっと幼き思い出の中で覚えている母のぬくもり。

そのぬくもりだけで安心し、そしてカラダの余分な力が抜けたものです。

そしてお母さんの手当てには 「大丈夫だからね」 「きっと良くなるからね」 という
優しい優しい魔法の言葉もありました。

私達が心から癒され、安心するのは、昔してもらったお母さんの手当てではないでしょうか?

回復整体は押したり叩いたり揉んだりしない、やさしい整体です。

受けている方もあまりにもやさしい整体なので眠ってしまうんですよ(笑)

寓話「北風と太陽」の太陽の整体なんです。

当学院のこれまでの卒業生の34パーセントが女性です。

十数年施術してきた私にとって回復整体は心から女性が施術家となっていただきたい整体であります。

なぜなら、女性は生まれ持った女性ならではの‘‘優しさ(手当て)‘‘ と ‘‘極め細やかさ(魔法のことば)‘‘を持ち備えているからです。

身体に不調をもった人がくる整体院こそ母性的経営が必要です。

ぜひたくさんの回復整体女性施術家が生まれてほしい!!そう思う今日この頃です。

関連記事

  1. 安定職を捨てた元公務員が語る「なんで回復整体なのか?」

  2. 患者さんの苦しみに寄り添う

  3. 前入りの門下生と研修生と楽しく飲みました!

  4. 畳の上の卒業式 (CSR整体師育成コース)

  5. 「プライベートルームみたいで本当に落ちつくんです」の意味とは…

  6. 数年来の関節(筋)の硬直解消法