起業した当時の思いで恥ずかしくて言えないこと?

20数年前インターネットは限られた人しか使っていない時代(携帯電話を使っているとスゴイ!と言われた頃 笑)
知人の伝を頼りに数か月間、

静岡から新潟まで車に布団と生活用品を積みこんで整体を学びに行きました。
当時 娘は生後半年、更に夫婦の名義で4000万の借金をして自宅兼整体院を建築しました。

もう、気持ちだけが先走っていた。
「とにかく整体をやるぞ!」って意気込みだけが強かった。

無謀と言えば無謀です。
今娘たちがこんなこと言えば、反対こそしないけど「ちょっと待てよ!」くらいは言うかも。

成功するかどうかわからないのに貯金は50万円しかありませんでした。
新潟で整体を学んでいる間でも毎月の住宅ローンが10数万円!

食費とか社会保険料とか光熱費とか諸々入れると、その月に売り上げが上がらなければどうしてたんだろう?
今当時を振り返ると、売り上げが上がらなければどん底生活になるところでした・・・

運が良かったと言えばそれまでですが、
当時は若さもあり熱意とやるきは凄かったんです。

周囲を巻き込んで、絶対に患者さんが来る環境を不器用ながらにも作っていたんだと思います。
事業が失敗するとか全く考えてなかった。

根拠のない自信とはこういうことを言うんでしょうね・・・笑
そんなわけのわからない自信を支えてくれたのは、

やっぱり家族だったと思います。
家族という応援者がいたから。(もちろん生まれたての長女も!)

男は妻一人応援してくれれば何でもできる。 恥ずかしくて面と向かって言えないけどね(^_^;)

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

https://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 回復整体を学ぶには凄く高いハードルがある?

  2. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)

    PayPalでオンライン決済が可能となりました!(カードでの…

  3. 技術にこだわりをもってはいけない?

  4. 病気や怪我をすることは辛いことだけど

  5. 人生を変える整体ができたなら・・・

  6. これからの時代、整体師は駄菓子屋さん的経営が必須になる?!