「技術」ほかとどう違うの?1日30人以上施術しても疲れない?

整体院を開業すると・・・一日に施術できる人数に限界があります。
力の必要な技術ではそれが壁となります。

回復整体って痛くないっていうのはわかったけど他の療法と何が違うの?
他と比べるということはしません。比べるものではない別のものだと思うからです。

今日は回復整体の「特徴」と施術者・患者さんへの「利点」などをお話してみますね。

【回復整体の特徴】            【回復整体の利点】

1・短時間で痛みが楽になる     →  一日に何人も施術が可能

2・施術の姿勢を選ばない      →  立つ・座る・寝る・あらゆる

3・施術者がほとんど疲れない    →  1日30人以上施術しても疲れない

4・完全無痛            →  安心・安全

5・着替えの必要がない       →  女性に余計な心配をかけない

6・症状により数千の手法がある   →  症例数が多く施術が怖くない

7・習ったその日から誰にでもできる →  習得に要する時間の短縮

8・同じ不調者が1日何回も施術可能 →  不調者にとって最短の回復が可能

—————————–

力の必要な整体を学んでから、当学院に入学された方の多くが体力的な限界を感じているようでした。

一人1時間のリラクゼーション的な施術だと、
一日5人が限界なんだそうです。

5人施術できればいいじゃないか?
と思うかもしれません。

しかし、これが大変なんだそうです。
体力勝負の肉体労働になります

身体の不具合を改善して喜ばれる仕事に興味を持つのはこのためです。

「気持ち良い」だけの方法から、
その場で痛みを解消してよ転ばれる仕事をしたい。

どんな施術法も一日の人数に限界はあります。

しかし、できるだけたくさんの方に楽になってもらいたい。

そんな方法もあることを知っていただければと思うんです。

以下は基本施術の動画ですが、こんな感じの方法ということでイメージしていただければと思います。

以下はその解説ページです。

https://bodyschool.jp/category/skill/app/

関連記事

  1. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。

    【理論】自然な動きとは(索引用簡易版)

  2. 2010年2月九州本校達人コース講義

    2010年2月九州本校達人コース講義

  3. 50歳代で回復整体を学んだ卒業生、それぞれの人生の転換期とは…

  4. 仕事だけじゃない様々なタイミングで人は出会い 縁となる

  5. 整体を料理に例えると

  6. 我家での合宿!3月CSR整体師育成コースの一コマその①