プロにとって基本は命

日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。

 私は中学・高校と剣道をやっていました。

 毎年インターハイに出場するような学校でしたので練習も厳しかったです。

 中学校一年生から始めた剣道ですが
 ナント! 防具を付けさせてもらうまでには4ヶ月もひたすら素振りでした。
 毎日毎日毎日道場横の階段の踊り場で
 「面!面!面!面~~」って。

 早くカッコいい防具を付けて剣道したい!ただただその一心でした。
 しかし、剣道にとって素振りは基本中の基本です。
 1000本も2000本もやってカラダにしみこませていく。

 きっと野球やゴルフも同じですね。
 他のスポーツはあまりわからないのですが、
 どのスポーツにも基本の型があります。

 整体も同じで、基本の技(立ち位置・間合い・程度と加減)

 これを忘れて自分本位(我流)になると
 軸がぶれてしまいます。

 整体にもいろいろな流派とか技があるので
 その基本の技がプロとして一番大切だということですね。

 そんなことを感じた一日でした。

 

関連記事

  1. 「自分を許す」ことで症状が軽くなる?

  2. 毎日が楽しく仕事をしているだけなのに患者さんが増えていったあ…

  3. まず整体師自身が元気で幸せであること

  4. 整体院は地域に存在を「知らしめ」信頼されること

  5. 永遠の命があると人はどうなる?

  6. ベットの上で流した涙のわけは