本当は施術台は要らない・・・施術ベットの紹介

日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。

さて、「ビールケースを並べて施術ベットをビールケースにしたと言うお話です。

実のところ、
回復整体は いつでも・どこでも・誰でもできる!!
いわばラジオ体操のようなものです。

だから、施術ベットを構えてということも
無くてもできます。

しかし、施術する側が無理な姿勢が続くと
患者さんにいい施術ができません。

なので、
一応のサイズとしての目安で
門下生さんには伝えています。

縦240センチ 横 140センチ 高さ 30センチのベットならいいですね。

これより大きくてもなおいい!

なぜこの大きさかといいますと

1・患者さんがベットに大の字で寝れる

2・患者さんが寝返りがうちやすい

3・施術者がベットの上に身体ごと乗ることができるので
  安定した体勢で施術できる
  (常に丹田が据わった状態)

4・高さ30センチあると、施術者の膝への負担が少なく
  患者さんも直ぐに立ちすわりがしやすい。

技術より環境です。(高度な技術はあって当たり前ということから)
技術より施術者がまず楽な体勢ということです
技術よりまず患者さんが脱力できることが大切です。

本日も施術台(施術ベット)の紹介をしています。
ご覧ください。

ベットが広い理由2

ベットが広い理由3

<span style=”font-size: 14pt;”><strong><span style=”color: #ff0000;”>【お知らせ】</span></strong></span>

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

<a href=”https://bodyschool.jp/csr/” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>https://bodyschool.jp/csr/</a>

あなたの人生、あなたが自分でレールを引きませんか・!
あなたの人生、自分で創造しませんか!
あなたの愛する人を自分の手で元気に導きませんか?!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 「技術・伝達・経営」の三つの柱を総合したものが「技術」

  2. 整体院開業は動機は不純なほうが成功する?

  3. 整体師は「夢」をもとうよ!語ろうよ!

  4. 痛いの痛いのとんでけ~

  5. 【スピード】と【タイミング】年齢や環境は関係ない!

  6. 整体院でプラシーボ効果?「施術に来ると痛くなくなる」の秘密