基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方ゆらし動作>

前の記事「基本腰痛アプローチ法<仰臥位腰背部ゆらし動作>」

基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛手順解説>

手順その⑩ 仰臥位仰臥位片腕上方ゆらし動作

基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方ゆらし動作>

 

  1. 施術者は写真の位置にて相手の腕を挙上させ関係筋群(三角筋、広背筋、三頭筋、二頭筋、大胸筋、大円筋、小円筋、僧帽筋等)にあてがう。
  2. 位置を定めた後、筋ウエーブ法にて筋群及び関節の方向性を確認しながら技法を行う。
  3. ウエーブの方向はそれぞれの筋繊維の方向に従うこと。
  4. 開始は緩やかに筋群と関節の状態を確認しながら、速度を調節すること。
  5. 内部の筋群が緩むと可動が広がるので相手の不具合を効きながら行うことも大切である。
  6. 脇下は敏感な部分であるため不用意に触れることなく、相手に声をかけながら無理な刺激を与えないように注意する。
  7. 技法を行っていない側(反対側)の肩関節の状態も合わせて確認すること。

ポイント

対象の筋群の筋繊維の方向性を間違わないようにすること。

仰臥位片腕上方ゆらし動作の動画

次の記事「基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方牽引>」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位両腕上方ゆらし動作>

  2. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位両膝屈曲ゆらし動作>

  3. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位頸椎棘突起捻じれ解消牽引ゆらし動作>

  4. 基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛骨格検査法>

  5. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引動作>

  6. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法>

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み