基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引動作>

前の記事「基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引ゆらし動作>」

基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛手順解説>

手順その⑦ 仰臥位片足膝立牽引動作

基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引動作>

  1. 写真のように、相手に対象の膝を曲げてもらい相手の片足をまたいだ姿勢になる。
  2. 体勢が取れたら吸気にて矢印の方向に牽引を行う。
  3. その際、相手の腰が少し浮くようにする。呼気、吸気と呼吸を見ながら3~4回繰り返す。
  4. この技法はゆらしは入らないが、必要に応じて行っても良い。

ポイント

ASISの調整。

周辺に牽引をかける。

この場合も施術者の腕の力だけで牽引しない。

身体全体で行う。

仰臥位片足膝立牽引動作の動画

 

次の記事「基本腰痛アプローチ法<仰臥位両膝立ゆらし動作>」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位両膝立ゆらし動作>

  2. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位両下膝曲仙骨上部固定ゆらし動作>

  3. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方牽引>

  4. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引ゆらし動作>

  5. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方ゆらし動作>

  6. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位腰背部ゆらし動作>

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。