整体院「集客力の源泉・入り口づくり」人脈を洗い出す!

悩める整体師のみなさんに贈る言葉!ズバリひとこと「慣れよ!」の続きです。

 

 

アナタの人脈を洗い出す

 

転職して開業したのに、治療院はいつも閑散としていて、なんとかしなければと考えておられる先生方、少なくありません。

しかし驚くべきことに、みなさん、ほとんど何もしないのです。

「サラリーマン時代の人脈、活用しましたか?」と聞くと、

「いや、あまりショーバイ、ショーバイって感じで見られたくないし、悪いし…」

そんな答えが返ってきたりします。

 

商売じゃなければなんなんだろう。

 

そう思います。

 

「商売で儲ける」というのは、決して悪いことではありません。

「商売で儲ける」ことは、「世の中のためになる」とイコールのこと。

整体院(治療院)という仕事なら、なおさらでしょう。その報酬で、アナタやアナタの家族は生きていくのです。

知人に宣伝したら「悪い」って思うのは、アナタの自信のなさの表れです。

 

からだに不調を抱えている人を助けるのがアナタの仕事です

 

「私はここでこんな仕事をしてます」ということを、世の中の一人でも多くの人に知らせることも、アナタの大切な仕事です。

整体院(治療院)経営というのは、ただ技術を身につけて待っている仕事ではありません。

だから開業したら、とりあえずアナタという人間を知っている(信頼している)人たちに、

「周囲にからだが不調で困っている人がいたら、声をかけてみてください」と、お知らせするのが当然です。

 

転職組みなら、過去の人脈も豊富なはず。

テッテーテキに洗い出し、活用しよう!

自分の腕で人を救うために、それはとても大切なことです。

 

広げる、耕す、広げる、耕す…

マーケティングは、どのような業種でも必要です。

そのノウハウは業種によって異なるでしょうが、ベースとなる考え方として共通している部分も少なくありません。

社会で働いていた人は、なんらかのかたちでマーケティングにかかわっていたはずです。

ところが、それを肝心の独立開業時に重要視しない先生が少なくありません。むしろ、そういう商売の世界から逃れて気ままに生きていきたいから、整体業界への転職を決意したようにも見えます。

 

しかしそれは、少し甘いかもしれません。

 アナタの新しい事業の唯一で最大の商品は、アナタ自身。

 

それが、どこにいて何ができるのかを広めることがまず大切です。

そして広めたら、耕す……つまりリピートを重要視し、口コミを浸透させる。

こうして数をこなし、レベルアップしていく。それが事業家としての姿でしょう。

「学院」には、そのためのノウハウや経験が詰まっていますが、院長先生自身がその重要性を強く意識して整体院(治療院)経営を進めていくことは不可欠です。

 

 

 

行列のできる施術所(治療院)のつくり方につづく


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 整体院経営起死回生のために、STEP① 本気で自分を変える覚悟、捨てる…

  2. 行列のできる施術所(治療院)のつくり方

  3. 整体院における言葉のないコミュニケーション

  4. 整体院経営起死回生のために、STEP④仲間、家族…愛する人たちのため

  5. 【卒業生の報告】家族の愛情が「からだ」と「こころ」を癒す~リュウマチ~…

  6. 整体院は地域に存在を「知らしめ」信頼されること

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事