整体院の5年先までの経営戦略を立てる

回復整体・経営・伝達(コミュニケーション)プログラム

前回の記事「整体院の経営で目標達成するには」

■少なくても5年先の戦略を考える
■飽和状態の業界


1.少なくても5年先の戦略を考える

5年先の将来がイメージできれば、10~20年先まで目標が立ちます。

戦略の部分です。

5年後10年後の自分が、今の自分をどう見ているかということと同じだと思います。

自分の人生設計をし、最終的にどういう人間になり、どういう生き方をして人生を終わりたいかというところまで考えておくといいと思います。

2.飽和状態の業界

実態を直視し、戦略を練らなければなりません。

現状を見て、自分がどうあるべきか考えましょう。

 

次の記事「今後も増え続ける療術業界で生き残るには独自性が必要」

 


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 自分の整体院イメージを確立する

  2. 患者さんの話題に合わせる情報収集を心がける

  3. 施術所経営で成功するためのスキル その3

  4. 施術所経営で成功するためのスキル その1

  5. 整体院開業前の徹底調査の意味

  6. 患者さんの声は経営不振に渇を入れることが出来る!

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。