整体院の5年先までの経営戦略を立てる

回復整体・経営・伝達(コミュニケーション)プログラム

前回の記事「整体院の経営で目標達成するには」

■少なくても5年先の戦略を考える
■飽和状態の業界


1.少なくても5年先の戦略を考える

5年先の将来がイメージできれば、10~20年先まで目標が立ちます。

戦略の部分です。

5年後10年後の自分が、今の自分をどう見ているかということと同じだと思います。

自分の人生設計をし、最終的にどういう人間になり、どういう生き方をして人生を終わりたいかというところまで考えておくといいと思います。

2.飽和状態の業界

実態を直視し、戦略を練らなければなりません。

現状を見て、自分がどうあるべきか考えましょう。

 

次の記事「今後も増え続ける療術業界で生き残るには独自性が必要」

 


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 整体院の経営は三方よしで

  2. 整体院の院長先生の「経営」に対する真剣な思い、取り組みが大切

  3. 回復整体伝達(コミュニケーション)プログラムの最後に

  4. 患者さんの話題に合わせる情報収集を心がける

  5. 患者さんの情報を必ずメモしておくこと

  6. 回復整体伝達(コミュニケーション)プログラム<目次>

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)
  2. イギリス人は貯金がないのに、幸せな老後を過ごす。なぜ日本人は無理なの
  3. 多くの療術家の前、ガチンコで長年の慢性痛を改善
  4. 慢性痛の本当の原因とは? 身体の脳の副作用。 命を守るためやむを得ないこと!
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)