地域の整体院等(同業者)との比較をしてみる

回復整体伝達(コミュニケーション)プログラム

前回の記事「整体院の同業者調査方法とは」


次のように、調査表を作ってみるとわかりやすいと思います。

金額やベッドの配置など参考にしてください。

調査すると、オプションをたくさんつけてしまい、いったい何の店なのかわからない店が増えていることがわかります。

足をもんで、電気や足ツボ、赤外線などを使い、いろいろやって良くなりそうだというなイメージを前面に出しています。
他院との比較表(例)

 

次の記事「どうせなら「地域No.1整体院を目指す」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 整体師は何事も謙虚に学びの場と考える

  2. 患者さんの話題に合わせる情報収集を心がける

  3. 整体院は常に地域社会の一員としての目線を持つ

  4. どうせなら「地域No.1整体院を目指すこと」

  5. 整体院の同業者調査方法とは

  6. アナログ的な宣伝(新聞チラシ)で効果がない地域も工夫次第

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)
  2. イギリス人は貯金がないのに、幸せな老後を過ごす。なぜ日本人は無理なの
  3. 多くの療術家の前、ガチンコで長年の慢性痛を改善
  4. 慢性痛の本当の原因とは? 身体の脳の副作用。 命を守るためやむを得ないこと!
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)