整体師の皆さん、5 年後10 年後を想像(創造)しましょう。

ある日の講義から。


 

5 年後10 年後の自分を想像(創造)してみてください。

整体師の皆さんは数年後の将来、自分自身がどのような人間になっているか想像(創造)したことがありますか?
未来の自分を知ることは、意外と簡単に分かったりします。

現在の整体師の皆さんが、どのようなイメージを持って行動しているか?
現在の自分自身を大局的な目線で考えてみると、未来の自分の姿が浮かび上がってくると思います。

なぜかというと・・・
人間の頭脳はイメージする自分の姿や行動パターンを変えない限り何年、何十年経過してもその人間の価値観の根本は変わらないからです。

私たちは整体関係の事業を始めてから何年もたちます。

その間、たくさんの療術関係の方の悩み事、困りごとの相談を受けてきました。
ほとんどが経営や技術について、何らかの問題を持っていました。

これらの方の口癖は以下のような感じです。

「最初のうちはのんびりと施術して、そのうち頑張って技術や経営努力をしよう」
皆さん、殆ど同じ内容です。

私たちが指導してきた卒業生で、経営が上手くいっている先生方は、多少の浮き沈みがあっても常に向上心を持っています。
また、療術家を志し、技術向上のために以前の手技を捨て、この療法に携わっている先生もいました。

その全員が「もうこれしかない」と決意を固め、技術でも経営についても取り組んでいました。
ただし、必死になっているというより、仕事を楽しんでいるという特徴があります。

苦行層のように歯を食いしばって、仕事をしているというイメージとは程遠いと思います。

決意のない口先だけの言葉はとなえても意味がない

唱えただけでその後の施術家としての人生が劇的に変化するなどということは絶対にないでしょう。

自分自身の価値観そのものをイメージできて、行動に移さなければ将来は今と同じです。
会社員から転職してきても、他の流派から手技を変更してみても、団体が変わろうと、様々なセミナーや技術講習会に参加しても、何年たっても同じことの繰り返しです。

多額の資金を使って表面だけの技術や情報に振り回されることになります。
自分の価値観とは、これらの情報を受け入れる、器を変えるということです。

自分の価値観が小さな器であったり、穴が開いていたりすれば、素晴らしい情報が入ってきてもこぼれ落ちてしまいます。
例えば、整体スクールを始める前に知り合った療術家の先生方がいるのですが、時々SNSやメールなどでコンタクトがあります。

久しぶりにお話したような、5 年ぶり、10 年ぶり・・・という先生方もいます。
SNS時代だからこそ、昔の知り合いと会話ができるんですね、面白い世の中になりました。

以前の知り合いですが、ダラダラと日々いい加減に生きているような方からも連絡があります。
これらの方は、何年かぶりに話しをしても、当時と同じような言葉を言っていました。

既に整体の仕事をやめてしまって、全く違う仕事をされている方も少なくありません。

整体の仕事を継続されている方でも、「技術さえしっかりと習得すれば必ずいつか大繁盛する!」
と、10年前も同じことを言っていました。

まるで修行僧のような感じがします。(修行僧が悪いわけではないです)
技術!ギジュツ!ぎじゅつ・・・まるで念仏のように聞こえてしまいます。

でも、このような方の生活は全く当時のままで繁盛施術所には程遠いと思います。
療術家でない、昔の知人と何年かぶりに会ったりもしますが、やはり当時から前向きな友人はそれなりの社会的に認められた仕事をこなしています。

その逆に、いつか行動を起こして俺も・・・
というような知人は、今でも同じことを言って、行動を起こそうとしません。

10何年か前に整体院を開業したい。とっていましたが、今でも「にいつかは起業したい。」と。

こうした昔の知人は、人の悪口や世の中の不平不満ばかりを口にしています。
なので一緒に話をすることがすごく嫌になります。

うんざりして、気分が悪くなるのです。
何年たっても、このような方は思考パターンが全く変わっていないのですね。

当時から、何事も目標を立て計画的に努力されている方や知人は、やはり何年たって話をしても、「自分が行動を起こして道を切り開いていくのだ!」
と目が輝いています。

その結果、社会に認められ、収入も多くなっているのでしょう。
これらの方と話をしていると、人の悪口や社会の愚痴不満といった話をしなくてすみます。

話していると、こちらが楽しくなり、ワクワクするような気持ちになります。
ここまでお話すれば既に理解されたと思います。

現在の行動を考えてみれば、数ヵ月後、数年後といった将来の自分が見えてくるのではないでしょうか。
現在、どのような価値観を持って、どのように行動しているのか?

その結果が時間を経て、現実となってくるのだと思います。
将来の自分を想像(創造)して、数年後の自分が今の自分をどのように見ることができるだろうか?

未来の自分になりきって、今の自分に語りかけみてください。

「今の自分は何か行動を起こしているのだろうか?」

行動して、何らかの結果が出たとしても、その成果は未来の自分が決めることです。
今、苦しくて大変だと思うことがあっても、未来の自分はその結果を認めているかもしれません。

「あのことがあったから、今の自分がいる。」

現在から過去えれば同じことが言えることでしょう。
過去の経験があったから、今の自分がこれだけ成長した。

当時失敗と思えたことでも、今はそのおかげで成功している。
そんな方も多いと思います。

あの時の自分をほめてあげたい!そう思える行動もたくさんあったのでは?

小さな行動でもかまいません。「どうしようかな?」と迷ったら、未来の自分と相談して、その行動をほめてもらいましょう。

少し抽象的ですが整体院(整体師)の未来は想像して、創造することだと思います。

 


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

関連記事

  1. 整体師の皆さん!自問自答、アタマの整理、 ここから始ては?

  2. 整体院経営起死回生のために、STEP③目標づくり、意識づけで勝負の半分…

  3. 標準アプローチ法実技解説/ 標準アプローチ法手順について

  4. 整体院は地域に存在を「知らしめ」信頼されること

  5. 標準アプローチ法における骨格検査法/検査と観察(用語の説明)

  6. 施術の目的は「脳への伝達」体の歪みの徹底解消

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 施術シュミレーション
  2. 【重要】技術と経営、結果が出ないときは基本に戻ってみる
  3. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  4. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  5. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)