整体師の試練・・・パニックに陥らないこと!

私達の整体はスポーツジムのインストラクターのような立場で行います。

骨格上の不具合を施術者と患者さんとの共同作業で健康を取り戻していきます。

患者さんの骨格の状態を診断して、歪みや関節の可動不良などを改善します。

私達夫婦の整体の特徴は脳の反応を利用し、間違った動作を正しい動作として、置き換えていくことにあります。

患者さんが「どんな動作で痛みを感じるか?」

相手にその動作を聞きながら、そして動作してもらいながら施術していきます。

どんな重症の患者さんでも対応できるので、
何年、 何十年の慢性痛の方が多数おみえになります。

そんな特徴の整体なので日々来院される方の症状は一般的には「現代医学で治らない」と告知されたばかり・・・
のことも多いんですね。

さて、そんな話を前提としてお話します。

初めて対応する症状など、10年~20年と慢性的に症状をお持ちの方が来院すると、

開業当初は症状にびっくりしてしまうことがあります。

指導されたとおりに、技術を行っても、なかなか改善しない・・・

多くの門下生がパニック状態になります。

目の前の症状を冷静に見つめれば、必ず突破口があります。

冷静になり、基本に忠実になれば結果が出ます。

しかし、あまりに症状が重い場合や、見る限り手に負えないな・・・

と感じてしまうと冷静でなくなり、症状に飲み込まれてしまうときがあります。

実際は、どんなに酷い症状であっても、絡まった糸をほぐすように、

地道に様々な技法を行っていければ、多くの痛みは改善します。

思い込みで、「自分には手におえない・・・」と感じてしまう、その心が邪魔をするんですね。

研修生はそのような状況について、質問してきます。

その回答として先ずは、「その時冷静に骨格問診、骨格検査、骨格診断できていましたか?」

と逆に質問します。

パニック状態になっていると、施術者の身体に緊張が入ってしまいます。

私達の療法は力を入れることはご法度です。

このような場合、次回施術する際は肩の力を抜き、背筋を伸ばし、

深呼吸をするくらい、落ち着くように説明します。

多くの場合、このようなアドバイスだけで施術することで、

相手の痛みが解消します。

初めて目にする症状への思い込みが、

相手の改善を阻害していることがあるんです。

私達夫婦の役割とはそんな先生方に対し、

先ず、落ち着いてもらう。

そして適切な骨格診断をしてもらう。

これらのことは、整体を学ばれる先生方の試練であり、

誰もがパニックになるような出来事があり、それを乗り越えたとき、

ひとまわり大きく成長すると考えています。

—————————

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

http://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 患者さんが興味を持っていることに耳を傾ける

  2. 第五中側骨と立方骨の痛み

  3. 技術にこだわりをもってはいけない?

  4. 整体院の開業はライフスタイルを変える勇気が必要

  5. 整体院開業の実務/整体院の将来を考えておく(年金・退職金)

    整体院開業の実務/整体院の将来を考えておく(年金・退職金)

  6. 療術業界で資格をいかして独自の経営を!

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)