整体院の経営方~で長く通ってもらうために何をするのか?~

皆さん、こんばんは。

日本回復整体総合学院、学院長の小森やよいです。

整体院の経営方法で、

長く通ってもらうためにするのか?

長く長く通っていたら、
良くなってないということになる。

私達は 、
長く通ってもらわない経営方法をしていたら、
結局繁盛整体院になった。

その方が口コミが広がる。

次の予約を取ることと、

長く通ってもらうことは全然意味が違う。

根本的に回復に導くのか?

ただの慰安や技の提供か?

経営のためか?

患者さんをしっかり傾聴し、
毎回患者さんの目を見て施術すれば

長く通ってもらいたいなどと思わない。

早く通わなくなってほしいと思う。
=回復。元気!

痛みを持っている患者さんはとても敏感だ。

それが長い年数だとしたら、殊更に。

だから患者さんは

目の前の整体師さんが、
本気で自分の身体を観てくれているのか?
経営のために、
何回も来院させたいのか?

直ぐに見抜く。

門下生さんが いちばん大切なところ
忘れていなければいいのですが・・・

—————————

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

https://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 起業と時間の彩り

  2. 療術業界で資格をいかして独自の経営を!

  3. ⑪側頭骨軽圧回復法(頭痛・めまい)

    ⑪側頭骨軽圧回復法(頭痛・めまい)

  4. 何でも話せる相手がいれば技術も経営も安定します

  5. 痛いの痛いのとんでけ~

  6. 「大丈夫、きっと良くなりますよ」この言葉だけで涙を流す人