我が家のゴキブリを大切に?

ある書籍に人間の免疫について面白い話が紹介されていました。

ある国の町でゴキブリが沢山いるので、

不衛生で病気になるということでゴキブリを必要以上に駆除したそうです。

すると以前より増して病気が増えてしまったそうです。

その原因を調べると、ゴキブリを駆除しすぎたために雑菌が少なくなり、

人々の免疫力が低下してしまったのだそうです。

この町にゴキブリを増やしたところ病気も少なくなったのだそうです。

人間はある程度雑菌に囲まれて生活することで、

それに耐えうる自然治癒力がついていたということでしょう。

きれい過ぎる生活は病気になりやすいのですね。

上記のことの比較としての説明では、

ドイツでは子供は泥んこになる権利がある・・・

と定められているとも書いてありました。

世界中で一番病気になりやすい民族は日本人だ。

というニュースも以前聞いたことがあります。

バリ島などに来る外国人で、日本人ばかりが赤痢などに感染し、

他の国の方は同じ生活をしても感染しないということです。

普段の生活があまりにも不衛生では困りますが、

潔癖症といわれるほどきれい好きになるのは考え物です。

ある程度雑菌にさらされて生活することは抵抗力をつけるために必要なのですね。

子供のときほど、これらの免疫をつけるために清潔すぎてはいけないということなのでしょう。

ドイツではそのことを実践的にやっているのではないかと思います。

これに比べ日本人は清潔すぎることが問題になります。

また、ある学者の説では、

腸内細菌が身体の疾患に深くかかわり、人間の病気の元である。

と言っています。

日本人の腸内細菌は昔と比べ、

肉食中心などの食生活により変化しているのでしょう。

それに付け加え、免疫力も低下している。

腸内細菌はストレスなどにより変化するのだそうです。

要するに悪い意味のストレスがあると、

善玉の腸内細菌が減少し、悪玉が増えるなどということです。

どんなに食事に気をつけても、マイナス思考でいては全く意味を成さないということです。

身体にはある程度の雑菌に耐えれる免疫力を付け、

心には挫折を乗り越えることで人生に対する免疫力が大切です。

免疫力や自分の体内の細菌についても少しだけ考えることが大切ではないかと思います。

なので、少しぐらい家にゴキブリがいても寛大な気持ちでいましょう。

ゴキブリを一匹見かけるとその家にはその何倍もいる・・・

そういわれていますが、

まぁ、上記のことからゴキブリも役立っていると思って、

おおめにましょう?(嫌いですが。笑)

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

http://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 痛いの痛いのとんでけ~

  2. 伏臥位での検査腰痛

    標準アプローチ法実技解説 /伏臥位での検査

  3. ぎっくり腰でもう歩行困難の方「魔法みたい~」

  4. 自らの心身の痛みを知る

  5. 研修生の多くが思うこと「まずは大切な家族を笑顔に」

  6. 【技術】跡が残るということは傷がついたということ

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)