学院長 小森やよい

lecturer_photo2

学院長 小森やよい
1966年、静岡県生まれ。警察署勤務を経て、1997年学院代表と整体院を開院。13年間施術現場に立ち子育てをしながらも半日で10人の施術をしてき た。たくさんの患者さんと触れ合う中で「カラダとココロはふたつでひとつ」を知る。産業カウンセラーの資格を取り学院指導にも役立てている。slideside_facebookslideside_blog

 


(上記画像をクリックすると動画でご覧いただけます。)

みなさん、こんにちは。
日本回復整体総合学院 学院代表の小森やよいです。

私は18年前に警察の仕事を夫婦で一緒に辞め、乳飲み子を持ちながらマイホームも建て
たくさんの借金をして自宅兼整体院を始めました。

私は整体院の受付からこの整体とかかわってきました。学院代表の小森が施術するたびに驚くような回復を見せていく患者さんを目の当たりにして、
「私も目の前の人を喜ばせたい」と思い子育てしながらも自分も施術家になることを決めました。

私は小柄で150センチくらいしかないのですが、誰でも力を使わず再現性のあるこの回復整体なら「私にもできる!」と思いました。

施術を始めてたくさんの奇跡に出会いました。
夫婦で延べ12万人以上の施術をしてきたことは人生における最大の経験です。

しかし、私はここで大きな大きな勘違いをするのです。

それは・・・・・・

整体院経営というものを自分たち夫婦の基準でしか知らなかったということです。

私たちは開業してすぐに繁盛整体院になったので
私自身、「整体院ってこんなに患者さんが来るんだ~~」って思っていたんですね。

その後もしつかり結果を出す施術を重ねていったので口コミで新規の患者さんがますます来院していらっしゃいました。

チラシを出せば直ぐに反響があり、電話は鳴りっぱなしでした。

整体院経営は成功ってすごいな~~と思っていました。

しかし・・・この私の常識が180度ガラッとひっくり返されたのです。

それは、、、平成17年から学院代表小森が始めた「からだの学校ブログ」で判明したのです。
食べれない整体師さんからの悲痛なメールが1日何通来たことでしょう。

1日に5人施術すると床に倒れこむようになる・・・・
いくら技術を磨いても結果が出ない・・・・
重症者への対応がまったくできない・・・・
1日に一人患者さんがきてくれれば大喜び・・・
月の施術料が6万円。。。10万いけば大喜び・・・・
・・・・・・・・・

うそでしょ!!
うそでしょ!!!

私は一人5000円の施術料で午前だけの施術で10人は診ているのに。

私は整体師ってすごく経営的に安定していて普通以上の生活ができる。そしてたくさんの方に喜んでいただけるという理解でいたので、本当にびっくりしたのです。

そこからが日本回復整体総合学院の始まりです。

整体で稼ぎなさい。稼ぐということは悪いことではありません。

それだけたくさんの人を元気にしたということ、。

私たちは学院理念を
「 不調者は健康を 施術者は社会的・人間的成功を 」に掲げ
確かな技術は当たり前、経営的にも安定し、そのうえ地域に社会貢献できる地域で一番愛される整体師になろう!!
と発信してきました。

学院立ち上げから今まではっきり申しますと
「社会的成功=経営的に安定する(整体で稼ぎたい!)という方々がたくさんお集まりいただき、たくさんの卒業生がその目的を果たされました。

しかし、時代は懇々と移り変わり~~

いまや、療術の業界は飽和状態。他との価格競争でしか他との違いを見せることができず
はたまた 技術のブレンドで自分の安心を増やし、この先生は本当はどの手技をされるのだろう~~と思われるほど次々といろいろな違う技術で身をまとい経営をしようとしている。

どこを見て仕事をされているのかな?と感じます。

10年前よりも情報量は7200倍ともなっています。

整体を受ける患者さんもたくさんの情報の中から選ばなくてはなりません。

他と同じように価格競争したり、誰かの真似をして新しい技術を取り入れブレンドしていく。

整体師さんってどこを見て仕事をするのかな?

私たちが他をみて整体院経営をしたことはありません。
自分たちができる自分たちしかできないものをご提供してきました。

それは「アットホーム」です。

自宅で整体院を経営していたので、子供たちから愛犬まで患者さんとかかわりました。
そんな私たちのアットホームさが大好きな方々が整体院のファンになってくれました。

そして~~
ついに「社会的成功」に向かうときがきたのだと思います。
今回の新コースは整体院経営をしながら同時に地域のみなさまの健康のプラットホームになるべく整体師になるということを目的としています。

私が代表を務めさせていただいております一般社団法人シンデレラストレッチ協会のインストラクター講座が含まれた「CSR整体師育成コース」です。
シンデレラストレッチは回復整体の自己療法です。よって自分で自分のカラダをケアして
良くしていけます。健康の自立です。
そしてCSRとは企業が地域のみなさまと一緒に歩んで力を合わせていくという意味合いです。整体院が地域のみなさんと一緒に健康をテーマに歩んでいくということです。
ですので、整体院として施術するのが仕事ですが施術が必要とならないように不調を予防するカラダの使い方や体操法を教え、健康への自立を家庭へ地域へ呼びかけていけるという新しい場所にもなっていくということです。 それならば他と価格競争したり、他の真似をして新しい技術を取り入れたりしなくても、真の技術をブレずに貫いていけるということです。

一般社団法人シンデレラストレッチ協会では介護予防講座・子供の姿勢教室(いずれも今、国で懸念されているロコモティブシンドロームの予防)などを発信・普及し伝えていく人を育成していきます。その指導者となっていただくのがCSR整体師育成コースのみなさまです。

ならびに、今、家族のコミニュケーションが欠けています。
毎日いただく資料請求には「家族のために何かしてあげたい」「夫婦で開業したい」など
ほかには、「いつリストラされるかわからないから手に職をつけておきたい」
「いつまでもこの会社に居れるかもわからいから何かいつでも独立できることをしたい・・」

それはできることなら家族でしたい・・と。

私たち夫婦はスタートが家族経営です。
そういう想いのかたには経験の中からたくさんサポートできると思います。

よぅて家族お二人での受講の場合は応援価格を設定させていただきました。
私の想いは

押したり揉んだり一切しない。施術するほうも受けるほうもカラダに負担がまったくない

ぬくもりの整体・シンデレラストレッチを

まるでラジオ体操のようにご家庭や地域でやっていただくことです。
健康は家庭からが定着すれば医療費もかかりません。
寝たきりの方もでません。
お互いがお互いのカラダをやさしくゆらゆら~~さっさ~~ってしてあげれば
言葉も要りません。やさしくなれます。
生涯をかけて伝えていきます。
ブレずに進んできた18年は人生の財産であり、健康なカラダ無くして人はなにもできないかぎり、この経験を伝えずにはいれません。
時代が大きく変わっています。

整体師の役割がかわってきました。

「あなから施術が受けたい」
「あなたからカラダが元気になることを教えてもらいたい」

そんな地域の健康プラットフォームになりませんか!!
地域の笑顔屋さんになりませんか!!

 

関連記事

  1. 初めての方へ(学院代表 小森秀信)

  2. 学院講師 杉田庸子

  3. 学院講師 町田一寿

  4. 学院講師 佐藤大典

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み