座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み

座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み

座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み

~痛みのバリエーション 応用編~

座位足関節回転法と同じ効果が期待できる応用技法。
違いはより重症な場合、患部から更に遠い場所にて影響を与えたい場合に行えることである。

椅子に座ったままできる回復法

椅子などに腰かけてれば痛みが無い、軽減されるという場合に行える方法である。
足首を回転させることもできない場合、僅かな動作で対応できることが特徴である。

対応症状

重傷な場合、主に片足全体の筋肉痛、筋肉疲労、緊張を解消します。
全く股関節や膝などが全く硬縮して動かない、僅かな刺激でも痛みが出てしまうような場合有効。

技法の手順

施術者は相手の症状のある側の脚の正面に片膝を立てて座って、呼気で相手の症状がある側の足首を保持し、膝の上に乗せる。
呼気で施術者の片方の掌で相手のつま先をゆっくりと回転させる。
内回し、外回し、内回しの順にそれぞれ5~10回転を目安に行う。
症状により回転は程度と加減を考えて行う。
大きく回転させる必要はなく、ほんのわずかな回転でも良い。
技法の終了は吸気にて解放する。


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

関連記事

  1. 私のおばあちゃんが空にいった日

  2. 回復整体における次回施術の具体的伝達法

    回復整体における次回施術の具体的伝達法

  3. 出産前後及び乳幼児の回復整体

  4. 標準アプローチ法における骨格検査法/検査と観察(用語の説明)

  5. 回復整体応用法/疲れ目、奥の目が痛い、ドライアイ、かすみ目、涙目、眼精…

  6. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。

    【理論】自然な動きとは(索引用簡易版)

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み