基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方牽引>

前の記事「基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方ゆらし動作>」

基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛手順解説>

手順その⑪ 仰臥位片腕上方牽引

基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方牽引>

  1. 施術者は写真の位置にて相手の対象となる腕を挙上させ両手で保持する。
  2. その際、施術者の外側の掌は相手の腕の内側に触れないように指で手首に引っ掛けるようにあてがう。
  3. 逆の掌は上腕部の中心より少し下部に軽く保持する。
  4. 吸気にて体幹全体に牽引を与える。
  5. 牽引の対象となる筋群は、広背筋、上腕三等筋、大円筋、小円筋等。可動の範囲に注意し、過剰な牽引をしないこと。
  6. 解放は、呼気にて行う。解放の際、相手の手首を捻るなど、無理な刺激は与えないように注意する。

ポイント

頸堆の棘突起の方向性を確認し、修正する。
棘突起と、椎体の捻じれも同時に修正する。

仰臥位片腕上方牽引の動画

 

次の記事「基本腰痛アプローチ法<仰臥位両腕上方ゆらし動作>」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

 

 

関連記事

  1. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位両腕上方ゆらし動作>

  2. 基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛骨格検査法>

  3. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法>

  4. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位頸椎棘突起捻じれ解消牽引ゆらし動作>

  5. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引動作>

  6. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片足膝立牽引ゆらし動作>

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。