基本腰痛アプローチ法<伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法>

前の記事「基本腰痛アプローチ法<伏臥位両下膝曲仙骨上部固定ゆらし動作>」

基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛手順解説>

手順その④ 伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法

基本腰痛アプローチ法<伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法>

  1. 手順4は脹脛(ヒラメ筋ヒフク筋)の筋ウエーブ法となる。
  2. 体勢は写真のように、この場合左側の肘を左足の上に体重をかけて置く。
  3. ヒラメ筋、ヒフク筋の位置関係に注意しながらウエーブを送る。筋の方向性と、対象の関節に対して骨格診断を考慮して行うこと。
  4. この場合、図のようにより牽引がかかる足首と、弛緩してウエーブがかかる 膝周辺の状態を観察しながら行うこと。
  5. 足の筋のウエーブのみでなく、頭の先まで良く観察する。

ポイント

脹脛へ筋ウエーブ法を行うことでヒラメ筋、ヒフク筋はもとより足首、膝に筋がポンプの役目を行い筋の緊張、疲労、血液、体液の循環をこの部位から活性化させる。

膝を屈曲しているので前面に対しての牽引が、後面には弛緩してエネルギーが伝わる。

足首周辺に付着している筋群に牽引がかかる。

逆に膝周辺の筋群は緩んだ状態となる。

ウエーブは足首側により牽引が膝側においては弛緩してかかる。

伏臥位膝屈曲片足脹脛筋ウェーブ法の動画

次の記事「基本腰痛アプローチ法<伏臥位片足大腿部筋ウエーブ法>」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方牽引>

  2. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位両腕上方ゆらし動作>

  3. 基本腰痛アプローチ法<腰部前屈痛伏臥位両下肢牽引>

  4. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位片腕上方ゆらし動作>

  5. 基本腰痛アプローチ法<伏臥位両下膝曲仙骨上部固定ゆらし動作>

  6. 基本腰痛アプローチ法<仰臥位腰背部ゆらし動作>

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み