肋骨周辺の回復法/呼吸の異常・肋間神経痛・胸が詰まる等

前の記事「頸椎の回復法/様々な痛み・ストレートネック等」

~痛みのバリエーション 応用編~

肋骨の回復法

肋骨の回復法
《症状・原因》・・・肋骨が正常な位置にないことが原因で起きる症状
息が十分に吸えない(呼吸が浅い)
胸が詰まるような感じ
肋間神経痛
前屈みになると痛い、捻ると痛い
鎖骨の辺りの違和感
胸やけ・ねこ背
姿勢が悪い
内臓の圧迫

1)肋骨牽引(反らす)

写真のように両掌を相手の背中にあてがう。
呼気の際、相手に深呼吸をして背中を反らしてもらう。

呼吸の際、胸部が膨らむのでその動作を補助する。

2~3呼吸したらゆっくり解放。

決して無理に持ち上げたりしない事。

2)肋骨牽引揺らし動作

1)の肋骨牽引の後、ゆらし動作を行う。

ゆらしは身体全体が連動し波打つように行う。

無理やり動かすことのないように注意する。

3)捻じれの修正(側湾症にも対応できる回復法)

身体の捻じれが確認できる場合、1)の肋骨牽引の後、骨格診断に基づいて捻じれを解消する方向を相手に指示し動作してもらう。

動作の補助をすることで捻じれを解消する。

相手の動きの補助出ることを念頭に入れ、無理やり力をいれる事のないように注意する。

4)肋骨保持呼吸補助動作

写真のように両掌をあてがう(肋軟骨に拇指をかけるようにする)

相手に大きく息を吸ってもらう。

呼吸の際、胸部が膨らむのでその動作を補助する。

 

次の記事「肘の回復整体/肘の曲げ伸ばし捻じりで痛む」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

 

関連記事

  1. 座位大腿ゆらし法/他の姿勢になれない場合/腰痛(全体)

  2. 大腿二頭筋(膝曲げ片足)に行う筋ウエーブ法

  3. 出産前後及び乳幼児の回復整体

  4. 大腿部全体(仰臥位・膝曲げ片足)に行う筋ウエーブ法

  5. 腰部疲労痛回復法/筋ウエーブ法主体の技法(解説)

  6. 座位片足ゆらし腰背部指腹圧法

    座位片足ゆらし腰背部指腹圧法/他の姿勢になれない場合/腰痛(部分的)

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。