整体師の皆さん!自問自答、アタマの整理、 ここから始ては?

施術の目的は「脳への伝達」体の歪みの徹底解消の続きです。

 

 

テッテーテキに「なぜ?」「なぜ?」を自問しよう!

成功する人間は、運が良かったのでしょうか。

それは違うと思うのです。
整体院(治療院)を開業しようと考えているアナタも、決して偶然だけを頼りに残りの人生を賭けるわけではないはずです。

開業後の理想を思い描き、学校へ通い、資金を用意し、会社を辞め、周到な準備をしてオープンの日を描いていることでしょう。

よくわかります。
でも、その思惑はほとんどの場合、満足に叶えることができません。

開業後まもなく少なからぬ悩みや不安を抱え、それを解決できないまま時間だけが過ぎていきます。

それも、手に取るように、よ~くわかります。
なぜなら、整体院(治療院)を開業した先生方のほとんどがそうで、じつは私たちもそうだったからです。
(努力してるのに、うまくいかない。なぜだろう)……

そのジレンマは、やがて(みんなそうなんだから仕方ない)という諦めに変わっていきます。

よくわかります。
しかし、いま日本回復整体総合学院で学び、たった1年で患者さんがひっきりなしに来院するレベルになってみて振り返ると、それはもしかしたら「偶然を頼りに起業した」ということではないか、と思うのです。
残念ながら「整体院(治療院)業界で開業しても食べていくのが精一杯」というのが常識になっているのは、起業して開業する治療家の先生方が成功するための道を歩まないからではないか、と思うのです。
成功する人は、成功すべくして成功していきます。
成功は、何十年もかけてつかむものではありません。

常に目的に到達するための過程にあることは当然ですが、成功者というのは、その途上であっても確実に「成功の道」を歩んでいる、ということです。

 

「アタマの整理ができている」ということです。

その成功者の最も基本的な条件が、「アタマの整理ができている」ということです。
どんな業種であっても、起業して世の中の荒波を航海していくとなれば、たくさんの困難が待ち受けているのは当然です。

経営者は悩み、迷い、心はいつも大きく揺れ動くことでしょう。でも、どんなに心が揺れても、アタマの整理ができていて、
「そこに立ち返れば答えはおのずから出てくる」
という軸となるものをしっかり持っていれば、必ず正しい選択ができます。

 

能力やパワーが分散することなく、自然に目的に向かって集まっていきます。

それは、心が迷いつつも、進むべく道がしっかりわかっている状態です。
これはカンタンに言えば「本当の目的を明確にする」ためのプロセスです。
「そこに立ち返れば答えはおのずから出てくる」
その軸となるものを、アナタ自身の「人生哲学」にまで掘り下げて徹底的に考えること。

 

これが成功の第一の条件です。
さァ、ここから始めることにしましょう。
まず最初に、ちょっと以下のことを胸に手を当ててよ~く考えてみてください。

  • これまでの人生で、自分は何に向かって走ってきたんだろう?
  • 何を「よし」として生きてきたんだろう?
  • いま、自分は何が不満なんだろう?
  • なぜ、第二の人生を考え、いま準備しようとしているんだろう?
  • いったい、最終的には「何がしたい」というんだろう?
  • どうして、こんな本を読んでいるんだろう……

 

自分のことなのに、ロクに答えられない、満足な答えが見つからないということに気づきませんか。

自分のこと、意外に「わかってな~い」ということは少なくありません。
それはズバリ、「なんとな~く生きてる」からです。
その「なんとな~くの生き方」は、偶然に頼る生き方です。
整体師として開業する人のほとんどが、その延長線上で開業しています。

その先には、宝くじに当たるかどうかくらいの成功確率しかありません。
成功への軌道に乗るために、さあ、考えて、考えて、考えましょう、とことん!

 

なぜ整体師なのか、整体院(治療院)なのか…

いろいろな「なぜ」があると思いますが、いちばん大切なのが、

なぜ整体なのか、整体院(治療院)業界なのかということです。

ここのところは、つきつめて考えておかなければいけません。
「え~? なぜって…」
やっぱりむずかしいようですね。
もしかして、楽そうだから、ですか?
誰でも、学校さえ出れば開業できると思って、ですか?
「いや、そんなことはない。それなりの厳しさは知っている。しかし、月給をもらって安穏と生きるより、苦労しながらでも、少しでも人助けができる仕事がしたいんだ!」
でも、食っていけますか? 職業として成り立ちますか?
「最初は、そんなに大儲けしなくてもいい。

とにかく一人立ちして歩けるようになって、それから経験を積んで地域の人々に信頼してもらえるようになりたい」
食えなければ廃業、ということですね。
「そ……そうです。……」

 

整体師として独立開業するのは、ある意味ではカンタンかもしれません。

しかし、プロフェッショナルとして一人立ちして整体院(治療院)を永続させていくことは、ぜんぜんカンタンではありません。
その部分で「運を天にまかせて~っ!」というのでは、もしかしたら半年、長くとも3年以内に店じまいという可能性が非常に高い。

それはまちがいのない現実です。
そのことを踏まえたうえで、整体業界で独立開業、それでいいのですねっ!

それを厳しく自問しておきましょう。

本気で志した、その日から。
それこそ毎日、起きてから寝るまでそのことをずっと考えているくらい、真剣に。
きっと、将来のアナタの事業を強く支える最高のモチベーションになると思います。
それが「大事」です。

 

 

安定職を捨てた元公務員が語る「なんで回復整体なのか?」につづく


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓
CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 標準アプローチ法における骨格検査法/検査と観察(用語の説明)

  2. 人生は単純なほうがいい~フォレストガンプの感想~

  3. ⑤上腕回転筋弛緩回復法(四十肩・五十肩の痛み)

    ⑤上腕回転筋弛緩回復法(四十肩・五十肩の痛み)

  4. 介護の現場、ケアマネージャーの重症者の症例報告

  5. 整体師は指導者(専門家)である/次回予約のための考え方

  6. 2010年2月 静岡研修生と懇親会

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  2. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。
  3. 座位片足脹脛筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  4. 座位大腿片足ゆらし法/他の姿勢になれない場合/腰痛(部分)
  5. 予約システム(回復カリキュラム作成)まとめ