ダメ整体師チーム?が成功を勝ち取るプロジェクト

 

日本回復整体総合学院の過去の取り組みを紹介したいと思います。

当学院では、卒業生同士の技術・経営向上のための仲間意識、チームワークを尊重し、活動の手助けをしています。

また、「回復整体」を活用しての社会貢献や別業種とのコラボ等、常に新しい企画を考えています。

今後、整体師(治療家)同士、気の合う仲間で活動していく場合の指針となるように過去の卒業生の取り組みを紹介したいと思います。

 

卒業生のチーム活動「夢実現プロジェクト」って、いったい何?

日本回復整体総合学院がスタートしたのは平成17年2月、12年前のことです。
その源流は、山奥に人知れずチロチロ湧き出る清水がごとき、か細い流れでした。
現代表の小森秀信と数人のメンバーで始めたインターネットのブログ、いまや伝説となっている?「からだの学校」がその源でした。

「治せない、稼げないのが常識」という治療院業界に数々のギモンを抱くメンバーは、そのブログを「自分たちのメモがわり程度に」スタートさせました。
各メンバーが実践していた整体院(治療院)の経営ノウハウや「回復整体」という技術は、あまりにも業界の常識とかけ離れていました。

 

そこでインターネットを通して「われわれはこんなことをやって結果を出しているヨ」と発信し、反応を見ようと考えたのです。
まさか、これがきっかけで現在の学院のようなものになるとは、夢にも思っていなかったそうです。

ブログ「からだの学校」のつくりは素人っぽく、当初は内容的にもごちゃごちゃでわかりにくいものでした。
いかにも、整体院の先生方が言いたいことを書きなぐっている、というカンジのサイトでした。
そんなものは、インターネットのなかにいくらでもあります。

たいていは廃れ、更新もなくなり、消えていきます。
治療院業界には、こんなサイトは履いて捨てるほどあります。
ところがこの「からだの学校」にアクセスが殺到。

 

「からだの学校」ブログはウソくさいけど気になるなぁ・・・

半年で40万ものヒットを記録し、問い合わせだけでもメンバー数名ではとても処理できない量でした。
こうして「からだの学校」はその8月、早々と閉鎖することになりました。

「からだの学校」にアクセスし、問い合わせのメールなどを行ったのは、ほとんどが治療院業界の先生方だったそうです。
「夢実現プロジェクト」(卒業生のグループ活動)の各メンバーも、そんな「稼げない治療家たち」の一人一人でした。

 

「からだの学校」に取りつかれてしまった私たちにとって、その魅力はなんだったのでしょうか。
それはなんと言っても、「からだの学校」講師の圧倒的な技術力、そしてすでに年商数千万円を上げていた経営的な実力だったはずです。
それらのノウハウのごく初歩的な考え方が、これでもかと、そこに発信されていました。
それを読む私たち治療家の心には「どうせ、はったりだろう…」という思いと「ウソくさいけど、なんか気になるな…」という思いが妙に交錯しました。

普通なら相手にしないようなうさん臭いブログなのに、なぜ気になったのか。
それは、「からだの学校」講師の皆さんが、殺到するコメントやメールでの問い合わせに対して、非常に丁寧な姿勢で回答されていたからです。
「ああ、この人たちは、本当に業界を良くしたいと考えているんだ」

そんなことが伝わりました。そして、そのために彼らは業界の一般常識とはまったく違うことを実践しているんだ、ということもわかりました。
そこに、「もしかしたらオレもそうなれるのか?」という希望を見出すことができたのです。
半年で40万ものアクセスを集めた理由は、おそらくそこにあったのではないかと思います。
そうした「信者」のような人たちの一部は、「からだの学校」の主宰するオフ会や、ごく短時間のセミナーなどに参加しました。
それだけのために、全国から集まってくるのです。

私たちは、そこで実証された「回復整体」というワザの圧倒的な効果に驚き、それまで自分たちが死ぬ気でやってきたことが「なんだったんだろう」と呆気に取られてしまいました。

 

そして平成18年1月、ようやく「からだの学校」講師たちの持っている経営ノウハウと「回復整体」の技術全体が学べる「達人コース」(半年間)が試験的にスタートしました。

 

これまでの技術を捨て参加したメンバー

(スクール開催初期はマンションの一室で研修を行いました。)

私たちは先を争うように入学し、学ぶとともに、それまでの技術を捨て、治療院の経営方針も180度転換して実践し、成功への道を歩みはじめたのです。

「夢実現プロジェクト」(夢プロ)の各メンバーは、その「達人コース」0期生の卒業生のなかの気の合った仲間の集まりでした。

情報、ノウハウ、マインドを共有する「気のいい仲間たち」

 

「夢プロ」のメンバーは現在でこそ成功した治療家ですが、学院の門を叩く前は治整体院(療院経営)に悩みを抱えていた「ダメ整体師(治療家)」でした。

「達人コース」で学び実践するまでは、どうやっても年商700万がせいぜい、食っていくのもやっとという人もいました。
いま、メンバー全員が年商2000万円以上で、なかには1億を目指す人も出てきています。
みんな当初の目標を達成し、次のステージに進みつつあります。
それまでの寂しい治療院の院長先生とは、まったくイメージが異なります。

「まさか、自分がこんなふうになれるとは思ってもみなかった」
 みんな、そう言います。
「人間て、変われるんだな~」
それが実感です。
それは学院のノウハウのおかげであり、「回復整体」というワザのおかげですが、それだけではありません。
成功の理由は、技術やノウハウよりもっと大切な、マインドの部分を、学院全体で共有しているからだと思います。
「夢プロ」のメンバーは、それをより濃いかたちで共有し、お互いに大切に磨き上げていました。

とかく一匹オオカミになりがちな整体院(治療院)経営者にとって、とても重要な意味を持つ集団だと考えています。
ただ飲んで騒ぐ、そういう仲間も必要でしょう。
でも「夢プロ」はそれ以上に、私たちの経営者としての行動や判断に、とても重要な影響を与え合っていたのです。
これから同業者同士で活動するためのそのポイントを以下、簡単にご紹介しようと思います。

 

《検証1》整体師チームワーク成功の軌跡を検証するにつづく


CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 施術の目的は「脳への伝達」体の歪みの徹底解消

  2. 整体院経営起死回生のために、STEP④仲間、家族…愛する人たちのため

  3. 「ひと味、ちがう!」独自性のある整体院経営(付加価値)を考える

  4. 魅力ある整体院、魅力ある施術家とは?

  5. 整体師にとって異業種交流は必要

  6. ネットでつながることで安心とオフでの厳しさも大切

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事