1. 整体院は常に地域社会の一員としての目線を持つ

  2. 整体院の将来の計画をたてる

  3. 整体院の経営は三方よしで

  4. 整体院の理念(経営理念)の考えかた

  5. 整体師は経営者としての理念を持ち、将来のビジョンをイメージできること

  6. 整体師は職人としての目線と経営者としての目線が必要その2

  7. 整体師は職人としての目線と経営者としての目線が必要その1

  8. 自分の整体院イメージを確立する

  9. どうせなら「地域No.1整体院を目指すこと」

  10. 地域の整体院等(同業者)との比較をしてみる

  11. 整体院の同業者調査方法とは

  12. 整体院の同業者と競合せず独自性を前面に出す

  13. 整体師は地域性の把握をすること その2(同業者の把握)

  14. 整体院は地域性を把握すること その1「地域の不調者分布マップ」

  15. 整体院が成功するためには女性を取り込む努力を