「スタッフ雇用型」の整体院経営、年商5000万!成功への最短距離

 

 

日本回復整体総合学院の卒業生の中には、「回復整体」を学んだ仲間をスタッフとして雇用して成功している方もいます。

整体院(治療院)の院長先生がどんなに頑張っても、一人での施術は限界があります。

限界を超えるには人の力を借りるしかありません。

整体院経営も、スタッフを雇用すればその限界を超えることが可能です。

成功すれば収入も大幅にアップすることでしょう。

 

ただし、人を雇うには法的な決まり事もあり、雇用主としての責任も伴います。

気楽に一人で仕事をしていた時と違って、何でもかんでも自由になるわけではありません。

制約は多いものの、その見返りも大きいのがスタッフ雇用型の整体院の経営です。

 

そんな「スタッフ雇用型整体院」の経営方法をこのコーナーではご紹介します。

 

スタッフ雇用の整体院経営は経験者(卒業生)から学べ!

 

経営は成り立っているけど、もう一歩飛躍できない。
家族を養うことはできているが、このままでは事業としての成功は望めない。
経済的には、サラリーマン時代と変わらない、これでいいのか……。
そんな整体院(治療院)経営者でも、確実にステップアップしていく方法が、ここにある。

 

 

あなただって、年商5000万円をねらえる・・・

 

当学院の卒業生は、たとえ経験ゼロの素人でも、開業後1年程度で、目標とする収益をあげる方が多いです。

「整体で食べていく」ことは本人にやる気があれば、よほどのことがなければ達成できます。
学院では、そのための経験とノウハウが効率的に学習できるからです。
しかし、それだけで満足しているのでは、志は低すぎる?かもしれません。

 

以下、当学院の卒業生がスタッフを雇用して整体院の経営が向上した事例を紹介します。

 

「私も、学院の門をたたくまでは、個人で整体院を経営し、年商700万くらいを必死に稼いでいました。

なんとか食っていけましたが、収入はサラリーマン時代と変わらないし、身体のことで困っている人を助ける仕事をしたいという理想なんて、棚の上に上がったままでした。

体力勝負で、必死にやって、限界は700万円。それが「揉み屋」の現実でした。」
いずれ、そんなに稼げなくなる・・・

 

脱サラしたこの先生は、「サラリーマンだったら、逆に最後は年収1200万くらいまでは行っていただろう。」

と、そんなジレンマを感じていましたそうです。

 

学院で学び、雇用したスタッフとともに「回復整体」の技術を共有することで収益は倍増しました。

 

他の卒業生の中でもスタッフを雇用している方もいましたが、その中でも飛躍的に増収しました。

私だけは、上昇カーブが突き抜けていました。他の卒業生が1人で整体院を経営する場合、卒業後1年半くらいで年商1000万~1500万くらい稼ぐようになっていますが、私の整体院(治療院)では4500万円を上げました。

そして、

来年の目標は、年商1億円です。
おそらく、達成可能だと思っています。

 

ほかの卒業生で開業した方との違いは、なんだったのでしょうか?

 

それは、とんでもなく大きな違いではないと思います。
生まれつきの才能、素質、性格、そういったものも、ほとんど関係ないように思えます。

それなのに、何かが違っていた。それは間違いありません。

 

実際、仲の良い卒業生のメンバーと経営について話したりしているとき、考え方に根本的なギャップを感じることがあります。

そういうときは、ケンカ腰になってでも、意見し、議論しあいます。

私自身、そんなメンバーに支えられていたからここまで来れたのは間違いありません。

いつもそうやってお互いにフォローしあっているのが、学院OBなのです。

 

・・・・・・・

 

そうです。

違いは、大したことではないのです。
経営者としての、ちょっとした考え方ができるかどうか。
それが、経営の世界では、結果として大きな差になっていくのです。
そのちょっとした考え方について、これからカンタンに述べてみたいと思います。

 

経営者であれ!それを継続せよ!

 

年商700万だったのが、2000万になる。

そうなっただけで、自分の人生はまったく違うように見えてきます。

表情も変わるし、口から出てくる言葉も変わってきます。
奥さんや子どもに優しくなれるし、精神的にも余裕が生まれてきます。

しかし、それが最終目標だなんて、寂しすぎるじゃありませんか!

 

700万が2000万になったのだから、それは4000万にも、1億にもなると考えています。
年商2000万の整体院(治療院)の経営者として、また4000万になったときに変わります。
年商1億円の整体院(治療院)になれば、またそれなりの人間に成長できます。
その進化は、アナタがたった一度の人生で自分自身のステップアップしていく過程だと思います。

 

事業を展開する経営者として考えれば、現在たとえ年商2000万円であっても、立ち止まっていていいわけがありません。

それが「経営者である」ということだと思います。

年商2000万円になったら経営者はおしまい?

そんなバカな話はありません。

経営者は事業を展開している以上、会社を存続させていく義務があるのですね。
私はそう思いますが、現在整体院を経営されている皆さんはどう考えますか?

 

急成長を可能にした前提条件は、「短期にローコストで人材育成が可能」

 

会社員としての年収700万だった施術家(治療家)が、なぜ1年半で4500万になり、翌年は1億円を目標にするまでに成長できたのでしょうか?

それを自分で考えてみると、ひとつ、とても重要な前提条件があったように思えます。
それは、学院が提供している施術(治療)の技術や経営ノウハウが、素人でも短期で身につけられるように、きわめて合理的にマニュアル化されているという点です。
私の整体院(治療院)には私以外に数名の施術者がおります。

数名とも私とほとんど同じように患者さんの信頼を得て、活躍しています。
そのうちの一人は、雇用する春まで女子大生でした。

勤務は月に150時間程度ですが、売上に換算すると100万円くらい上げています。

 

 

もう一人は、一般企業のサラリーマンだった男性社員です。

その彼も、月に300人以上の施術をこなしていて、月に約150万円くらいの売上を上げています。
なぜこのようなことが可能かといえば、学院で半年学ぶことによって、私が行う技術と同じものを身につけることができるようになるからです。

それ以外にありません。
もちろん経験はありませんから、最初は患者さんとの対応も、コミュニケーションも、とても一人前とは言えないかもしれません。

でも、施術してみると、良くなっちゃう…

 

学院で教わったとおりにやれば、経験が浅くても、患者さんのちょっとした問題はすぐに解決してしまう。
患者さんにしてみれば、それだけで絶大な信頼になります。

口コミで評判になるでしょうし、同時にホームページやチラシなどで集客アクションも行っていきますから、患者さんはたくさん来るようになる。そこでまた信頼をいただける。

その好循環は、スタッフにとって素晴らしく貴重な経験となり、また大きな自信にもなります。

こうして彼らは、自然に育っていくのです。

 

この点は学院の経験とノウハウに負っている部分であり、これが私の成功の大前提となっていることは、間違いのないことだと思います。

 

事業拡大の秘訣①「お金の使い方・まわし方」

 

収益が頭打ちになっている整体院(治療院)は、ひとことで言えば、計画性がないのだと思います。

たとえばチラシやタウン誌などの広告について考えてみると、最初は頑張ってやるのですが、それがうまくいって集客力がアップすると、それで安心してやめてしまう。

それでまた下がってきたときに、「ではそろそろまた広告でも…」と動き始めるのです。
結局、長い目でみれば収益は上がったり下がったりで、成長はありません。

学院を卒業して飛躍的に収益が上がり、それまで700万だった年商が千数百万円になってきたときに、その時点で次のステージ、つまり年収4000万、5000万の段階に進むためのアクションを行っていました。

 

具体的には、前述のような人材確保と育成です。
当たり前の話ですが、経営の進化には人材が欠かせません。

そのために、儲かったお金をつぎ込む。

年商700万のときはできなかったけど、1500万になれば、それが出来るようになるわけです。

そのタイミングで、お金をうまく有効にまわせることができるか。

 

自分へのご褒美も奥様への感謝も大事でしょう。

でも、まだアナタは何も達成していないのです。
自分へのご褒美や奥様への感謝をもっと大きなものにするために、そして何よりも明日の整体院(治療院)のために、いま儲かったお金をどのように投資していけばよいのか。

真剣に考える必要があるのではないでしょうか?

 

事業拡大の秘訣②「宣伝・顧客獲得を真剣に考える」

 

集客について考えない先生は、おそらくいないと思います。

でも、どのように宣伝すれば最も効果的なのか、
それを本気で真剣に考える人はほとんどいません。

どんなに良い技術を持っていても、そのことが知られていなければ誰も来ません。
アナタの技術がどんな慢性痛に対応できると知られているとしても、本当に困っている人にそれが伝わらなければ誰も来ません。
ただホームページ作成業者や広告屋が来たから「じゃあテキトーにお願いします」で、お金を使って経営のための手を打ったとは、とても言えないのではないでしょうか。

 

大切なのは、

患者さんが集まってくる入口を効果的にふやすということだと考えています。

そのためにどんな方法が良いかは地域によって異なるでしょうし、経営者自身(施術家(治療家)の個性)によっても異なります。

この個性、その整体院(治療院)の院長先生がどんな人物なのか?

その独自性をよく考えこうした販促物を利用することです。
ホームページ、チラシや広告だけではありません。
整体院(治療院)にとっては、繰り返し来院(リピート)してくれる患者さんによる口コミほど絶大な集客力となるものはありません。

であれば、それを意図的につくっていく仕掛けも考えなければいけません。
宣伝や広告は、やってみて、反応がわかるものです。

理論はもちろんありますが、結局は現実の世界で、商圏における不特定多数の人たちがどのように反応するか。

それにかかっています。

 

 

ということは、アタマの中で、机の前で考えても、あまりうまくはいかない、ということです。

わからなければ、町に出てみる。

行動する。

成功した経験者がいれば、その経営者から知恵やノウハウをいただくのがいちばん早いでしょう。
そういう「宣伝・広告のための行動」を、施術家(治療家)の先生方はもっともっと真剣に行う必要があると思います。

 

 

事業拡大の秘訣③「収益の飛躍的増加は、規模の拡大から」

 

整体院(治療院)を開業されている先生方で多いのは、「せっかく一人で開業してそこそこの収入を得て気兼ねなく自分のペースで働けるようになったのだから、店はあまり大きくしたくない」という感覚です。

事業で成功したいという思いとは裏腹に、そんな「こんな感じでいいだろう~精神」が心の奥深くに巣食っている施術家(治療家)は少なくありません。

 

それでいて、自分の状況に満足しているわけではなく、愚痴や妬みが心をうずまいているのです。
自分が何をしたいのか。それがあるなら、それに向かって進むべきでしょう。
なければ、独立開業などしないことです。
一人で稼げる範囲は、限られています。

いくらウデに自信があるっていっても、たった一人で患者さんを相手して1億円を稼ぐなどということは完全な不可能。

それは明白な事実です。
しかし、人を育て、スペースを広げることに投資を続け、整体院(治療院)を事業化していくことは可能です。

 

 

そうして拡大していくことは、世の中のためになり、スタッフのためになり、またもちろん経営者である自分自身のためにもなる。

そのために、将来を見据え、判断し、お金を動かすのです。
事業を拡大していく努力をおこたれば、収益の右肩上がりはいずれフラットになり、次に落ち込んで行きます。

これは間違いのないことです。
具体的なイメージとして、こんなふうに考えてみてください。

つまり、施術用のベッド1台ふやせば、月に100万の増収になると考えればわかりやすいでしょう。
言うまでもないことですが、ただベッドを買ってそこに置けば100万、というわけではありません。

そんなことは、たとえ経営感覚に鈍い整体院(治療院)の先生方でも、まさか誰も信じないと思います。
事業拡大を目指してベッドを1台ふやすということは、それを稼働させる経営的な態勢をととのえる、という意味です。

人材は確保しなければなりませんし、営業や宣伝も必要です。

逆に言えば、いくら人材を確保しても、的確な営業や宣伝をしたとしても、ベッドをふやさなければ絶対に増収に結びつかない、ということです。

だから「規模の拡大」は、収益増加、事業拡大の条件である念頭に置いてもらいたいのです

この部分で引いてしまっている施術家(治療家)の先生は、決して経営者に脱皮することはできません。

 

事業拡大の秘訣④「人材を確保し、チームを育て、信頼関係を築く」

夢と誇りとモチベーションを共有しよう

 

ビジネス書を読むと「経営には人、金、モノ、情報が重要」と書いてあります。
そのなかでも、私たちが生きている整体院(治療院)業界では「人」が最も重要であると思います。
したがって整体院(治療院)の事業を拡大するうえで最も重要なことは、人材を確保し、育成し、全体をひとつのチームとして機能させること、ということになります。
そのためには、整体院(治療院)が進んでいくべき道、夢、目的といったものを明確にして、それを経営者もスタッフも同じように共有していくことが必要です。

また、自分たちの社会的な要請と責任を同じように自覚し、全体がひとつのチームになって仕事にあたれるようにしていかなければなりません。
共有するのは、誇りとモチベーションです。

それができれば、個々の仕事は事業は自然に拡大していきます。
そこに、年商2000万と4000万の違いがあります。

幸いなことに、学院のノウハウは短期間で誰でも身につけることができます。
これを最大限に利用すれば、卒業2年で年収4500万円を達成し、次年度は1億円の達成を目標にできるようになります。

 

院内に明るい「にぎわい感」をつくっていく
 

人材を確保して、チームとして育てていく

それは、売上に直結することです。

しかし、その効用は、それだけにとどまらない。私はそう思います。
もうひとつの非常に価値あることは、整体院(治療院)を明るくし、にぎわい感をもたらしてくれるということです。
患者さんというのは、基本的にからだのことで困っている方々です。

 

毎日、痛みに耐えることに疲れ、悩み、また将来にも不安を抱えていることでしょう。
整体院(治療院)はそういった方々が来るところですから、少しでも若々しく、明るく、自然なにぎやかさにあふれているほうがいい。

スタッフ一人一人の個性を大切に、彼ら個人にも人生のストーリーがあって、そのストーリーに共感した方が来院してくる方が多い。

全員ががいきいきと仕事をしている。

もちろん、技術力は確かなのでそこを柱とし、スタッフが共有しているからに違いありません。

それが私の整体院の独自性(USP)だと考えています。
逆の立場(患者さん)からみれば、片隅のビルの階段を上がったところで、先生がひっそりとひとりで仕事をしているような整体院(治療院)に行きたいと思いますか? 

そこで回復しそうな(治りそうな)感じはしないと思います。
明るく、清潔で、近代的な雰囲気があり、そこでは若いスタッフが活き活き、きびきびと動き、患者さんのために働いている。

施術だけではなく、相手の方の気持ちに寄り添って声かけをしていく。

訪れる患者さんも多く、待合室にもいつも誰か人がいる。

 

そういう雰囲気であれば、整体院(治療院)への敷居は低くなり、入口の間口も大きくなるのです。

整体院(治療院)を事業化、拡大し、回復の機会をふやしていくことは、患者さんだけでなく、社会が望んでいることなのです。

整体院(治療院)に活気を呼び、その活気がまたスタッフを育てる。

これもまた、整体院(治療院)事業を成功させる好循環のひとつです。

施術技術だけをスタッフに押し付け、「あとはてきとうにやっといて」というスタイルでは決して患者さんは満足しません。

 

その整体院の独自性をスタッフ全員で共有していることが大切だと思います。
整体院の「独自性」を前面に出して、どのように信頼関係を築いていくか「でも先生、自分の手で患者さんを良くしてあげる施術家(治療家)というのは、もともと一匹狼の世界ですよ。

せっかく投資して育てあげて一人前になっても、『お世話になりました。独立します』って逃げられてしまったら、水のアワじゃないですか…」
そう考えて、人を増やすことに尻込みする施術家(治療家)の先生は少なくありません。
それは、そうなんです。

でも、そうなったらなったで、仕方ないじゃないですか?!

 

私はもともと、搾取するために人材を育てようとしているわけではありません。
スタッフは、整体院(治療院)経営という事業を一緒に進めていくパートナーです。

そのパートナーに対して、「修行のあいだは二束三文の給料で雇ってやるから勉強しろ……」というような態度はとりません。

スタッフ本人が私のところで働き、この整体院(治療院)を大きくしていく、そこのところに価値を認めることは大前提です。
目的をともにして頑張って仕事をしているなかでは、突然スタッフが「逃げてしまう」ようなことは起こり得ないと私は思います。

独立したいのであれば、相談してくれるはずです。

提携パートナーとなってくれるでしょうし、またフランチャイズ的な出店の可能性もあります。
そのようなかたちで私のところから出ていくことはあるでしょうし、それはまた事業の新しい発展につながる動きでもあるわけです。

決して後退ではありません。

大切なのは、この人と決めてスタッフとして迎え入れたからには、ただの労働力として使うことだけを考えず、人間全体を受け入れ、対等の信頼関係を築いていくということです。
スタッフを雇っている整体院(治療院)でよく問題になるのは、院長とスタッフの不仲です。
それは往々にして、スタッフの施術に対して院長が口出しをすることが直接的な原因になります。

療法を伝授して同じやり方で患者さんへの施術を行っても、やはり人間ですから診断も違えば、方法も少しずつ異なってくるものです。

だからスタッフの担当の患者さんがなかなか良くならないようなときには、院長は「オレならこうやるのに」と考えるのが当然です。


しかし、スタッフを信頼して任せたのなら、中途半端に口は出すべきではありません。
院長はどうしても徒弟関係を意識してしまいますが、その意識はスタッフとの信頼関係を邪魔する最大の原因になります。

アナタは、人に任せた。その任せた自分をどう見るのか。

まずはそこを考え、スタッフの人間性を尊重したうえで、必要があれば相談に乗り、ともに解決策を考えるという気持ちが大切だと思います。

 

 

将来をデザインし、信じ、行動せよ!

 

年商1500万、2000万でとどまるか、どこまでも天井知らずで成長を継続していくか。

その違いは、結局は院長先生の「経営者マインド」に左右されているということです。

アナタがその気になれば、どこまでも成長できる。夢は実現する!

誰でも短期間で一人前の施術家(治療家)に成長できる、そうした仕組みがあればこそ、それは可能です。

あとは、自分の将来を自分自身で描き、それを信じて行動する。

つまり、お金を投資し、人を育て、チームをつくって事業を拡大していく。それだけです。
私は、学院を卒業して経営している整体院の年商が1000万以上になったとき、すでに人材の確保のために学院のセミナー受講生を見ていました。

その時点で「いい人」を探し始めなければ、年商4000万への道はないからです。
将来の自分をデザインし、それを信じて、「今」行動するのです。
もちろん、失敗することもあるかもしれません。
しかし、この最初の将来への発想と行動がなければ、なにも始まらない。

それだけは確実なことです。

現実に甘んじるのか、成長への道にチャレンジするのか。

私には、わかりきった選択だと思うのです。

 

 

おわり


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

コース案内

関連記事

  1. ダメ整体師チーム?が成功を勝ち取るプロジェクト

  2. 整体院経営起死回生のために、STEP① 本気で自分を変える覚悟、捨てる…

  3. 整体院の最大の魅力とは?来院者がイメージするのは何、誰?

  4. ネットでつながることで安心とオフでの厳しさも大切

  5. ⑧手組挙上ゆらし回復法(仰臥位コアテクニック回復法手順~仰向け~)

  6. ⑦膝曲げ体幹ゆらし牽引回復法 ※ 快福枕使用(仰臥位コアテクニック回復…

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事