整体師は自分を知る・他人から見た自分を知ること

回復整体・経営・伝達(コミュニケーション)プログラム

前回の記事「独自性を考え地域で自分の役割を徹底してPRする」

自己評価と他者評価と言うものですが、まず自分自身でどんな長所があり、短所があるのか調べておくといいでしょう。

自分を外にアピールしに行くためには、それを知っておく必要があります。

自分の鏡と、自分を他人に移した時の鏡を見ておくのです。

怖い顔をしていると警戒されてしまいます。

以前講義で「この先生について第一印象でどう思いますか?」と研修生の皆さんに第一印象をあげてもらったことがありました。

同じことを自分でしてみてください。

その場だけでなく、家に帰ってもう一度家族に聞いてみたり、友達や見ず知らずの人を呼んで聞いてみたりして、客観視した自分というものを知ってください。

自分が思う自分についても知ってください。

場合によっては演出と演技を繰り返していくと、最初に演技でしていたことがだんだん演技ではなくなってきます。

楽しくなるというのはそういうことです。

本心からの言葉が自然に出てくるようになりますから、今は下手な話でも話すことが訓練になります。

次の記事「整体院は地域性を把握することが重要」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 患者さんの話題に合わせる情報収集を心がける

  2. 整体師はどんなときも患者さんに合わせることが必要

  3. 整体院の具体的開業方法(開業スタイル)その1

  4. 整体院でアンケートをとり結果を経営に結びつける

  5. 整体院(施術所)の経営は精神論だけではなりたたない

  6. 回復整体伝達(コミュニケーション)プログラムの最後に

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み