整体院の理念(経営理念)の考えかた

回復整体・経営・伝達(コミュニケーション)プログラム

前回の記事「整体師は経営者としての理念を持ち、将来のビジョンをイメージできること」

■いい加減に考えないこと
■すべては施術家になろうと考えたときの志が大切である。


1.経営理念

経営理念と聞くと大それたことのように感じますが、自分が何をしたいかということです。

最初に先生方が整体を始めようとしたきっかけは、すごくきれいなものだったはずです。

その時の志や思いを、理念にあてはめて考えてください。

最初の志は大きくていいのですが、次は実際にそれをやるに当たって行動に移せるかということを考えないといけません。

夢であっても具体的に考え、現実的にできるかどうか判断し、理念というと少し大げさですが施術所の規範のようなものを作ってください。

 

整体を始めた理由を、患者さんから聞かれることも多々あります。

お金のためということも嘘ではないでしょうが、世の中の役に立ちたいというものが最初にあって、その上でお金も稼げるということですので、聞かれた際きれいに聞こえるものを作ってください。

理念を考えたら、次に具体的な計画をたてます。

「経営戦略、経営戦術等」は一般の企業も考えていることです。

整体の施術は決して他と争う事ではないので適切でないかもしれませんが、一般用語としてこの3つを説明します。

自ら考えた理念やビジョンから導いた仕組みであり、最初の柱の部分です。

長期、中期、短期の自分の整体院の戦略を3つくらい考えるといいでしょう。

次に戦術です。

これは戦略から導き出した施術所経営の方法であり、施術方法や対応方法等です。

そして戦闘というのは、実際の戦術から考えられた具体的な手段などの細かな部分です。

どうやって相手の痛みをとっていくか、宣伝方法、患者さんとどんな話をして対応していくかという具体的なことです。

上記の全ては、施術家になろうと考えたときの志があいまいだとうまくいきません。

何の目的もなくなんとなく始めることは、切符を買わずに電車に乗るようなものです。

どこに行って何がしたいという明確な意思がなければ、様々な誘惑に負け、目的外のところに行ってしまいます。

最初に明確な志を持ってください。

 

次の記事「整体院の将来の計画をたてる」


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 整体院(施術所)経営者が取り組むべき課題

  2. 整体院は地域性を把握すること その1「地域の患者分布マップ」

  3. 整体院の将来の計画をたてる

  4. 整体院(施術所)8つの開業指南

  5. 整体院の同業者調査方法とは

  6. 整体院(施術所)経営生き残りの戦略 その2

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 座位足関節回転法/脚全体(片脚)の緊張・疲労解消
  2. 座位片足大腿筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  3. 【理論】身体を壊す(恒常性の破壊)とは(索引用簡易版)
  4. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  5. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。