①三点軽圧回復法(伏臥位CTC回復法手順解説~うつぶせ~)

CTC技法の理論は以下を参照ください。

回復整体における「骨盤調整法」コアテクニック技法理論解説


1.伏臥位コアテクニック回復法手順解説(うつぶせ)

 

検査が全て終了した状態は伏臥位(うつ伏せ)となっている。

そのまま伏臥位の状態から回復法をはじめていく。

①三点軽圧回復法

(三点軽圧回復法は1分15秒からご覧ください)

軽圧回復法とは呼気において正中線に沿って三箇所、掌全体で相手の背中に軽く2~3呼吸の間、触れることを言う。

呼気で軽く掌の圧力をかけることにより、背中全体の筋肉の緊張を和らげ、様々な症状を回復させることが可能となる。

 

  • 呼気で写真①~⑥のように掌全体で箇所、圧力をかける。
  • 圧とは、余分な力をかけず、掌の重みが感じられる程度を言う。

 

ウ)施術者が肩に余分な力を入れず、指先まで意識を集中することを心がけるとよい。

エ)圧をかけた3箇所は、全て同じ圧力のかけかた(加減)を心がける。

オ)一箇所につき、2~3呼吸行い、相手の背中が吸気で上がった際に、施術者の掌が同時に上がるようにする。

カ)施術者の体勢は写真のように常に相手の右側にて正座をして行う。

キ)常に施術者自身の姿勢に気を配る。(背筋を伸ばす)

ク)圧をかける掌は全体が相手の背中に常に密着して触れていること。

ケ)終了後、相手の背中全体の筋肉の緊張が解消しているか検査し、回復法により、予測した症状が改善されたかどうか問診する。

 

上方部の軽圧(一点目)

*上方部の軽圧(一点目・側面からの撮影)


中央部の軽圧(二点目・側面からの撮影)

*中央部の軽圧(二点目・側面からの撮影)


下方部の軽圧(三点目)

*下方部の軽圧(三点目・側面からの撮影)

②開脚骨盤調整回法/足首ゆらし(伏臥位CTC回復法手順解説~うつぶせ~)につづく。


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

CSR整体師育成コース研修生募集

関連記事

  1. 回復整体コアテクニック(CTC)技法解説<目次>

  2. ⑪側頭骨軽圧回復法(仰臥位コアテクニック回復法手順~仰向け~)

  3. ⑨頚椎ゆらし微圧回復法/頚椎・額関節各周辺 ※ 快福枕使用(仰臥位コア…

  4. ④伏臥位両下肢ゆらし回復法(伏臥位CTC回復法手順解説~うつぶせ~)

  5. ③開脚運動回復法/腰・肩・上腕・首(伏臥位CTC回復法手順解説~うつぶ…

  6. ⑦膝曲げ体幹ゆらし牽引回復法 ※ 快福枕使用(仰臥位コアテクニック回復…

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【理論】身体機能学習とは(索引用簡易版)
  2. 自然な動きを助ける、恒常性(現在の環境)を壊さない 人間(動物)の本能の動き。環境に適した動きのことをいう。 恒常性(ホメオスタシス)を壊さないという意味。動物は心身の内部環境を一定の状態に維持しているため、この環境を壊さない。 用語の例:回復整体技法で、身体各部の「安心、安全」な可動領域を広げてあげる。
  3. 座位片足脹脛筋ウエーブ法/筋肉痛・筋肉疲労等
  4. 座位大腿片足ゆらし法/他の姿勢になれない場合/腰痛(部分)
  5. 予約システム(回復カリキュラム作成)まとめ