CSR整体師とは

整体院と地域のみなさまが共に健康で良い関係を築き続けることを常に発信していく整体師。

大企業でも社会貢献等を念頭に置いた活動をしなければ、
企業として存続出来ない世の中です。

個人事業でも同じです。
むしろ、整体院のような小さな事業だからこそ地域社会に根付いた地域の皆様に役立つ活用が必要です。

整体の仕事を売るのではなく、自分自身という存在を知ってもらい、
地域の方と協力しながら存続していくことが大切だと思います。

もちろん、そうしたCSR活動は個人の取り組みです。

しっかりした手技を習得し、痛みや不具合で悩める方に光を当てることが、
整体師の仕事です。

徹底的に再現性のある技術理論を学ぶ。
これを柱として、常に仕事のスキルを磨き続ける。

そして、

社会的成功と人間的成功の両立を考えること、
そのバランスが最も大切です。

今回のコースでは、整体師のCSR活動を全面的に支援する内容です。

さて、当学院ではなぜこのような業界初の取り組みをするのでしょうか?これまで同様に稼げる整体師を育成していけばいいのではないのか?

痛みを取れる技術だけを教えればいいのではないか?人間的成功などと難しいことを考える必要はないのでは?

整体師を目指すために、なぜそんなまどろっこしいことが必要なのか?おそらくは多くの方が疑問に思う事だと思います。

社会構造が複雑化するに伴って、現代医学では治りにくい痛みや症状が増えています。薬の摂取も手術もせず、健康を取り戻すことができる「整体法」は多くの方が必要しています。

日本中に整体院が乱立していることを考えればその理由は明白だと思います。しかしそれだけ需要があっても、繁盛している整体院と、そうでない整体院は二極化しています。

この背景にはいったい、どんな理由があるのでしょうか?

例えば、「整体院」とインターネットで調べてみたとします。

すると、膨大な情報が出てくると思います。どこの「整体院」も自分の技術が一番だ!価格も安く他とは違う!

自分本位の宣伝ばかりがネット検索の上位を独占していると思います。

調べる側はどこも同じような文言が並んでいて、わけがわからない状態だと思うのです。

ようするに、整体院を選ぶ基準がないのです。どこも同じ言葉が並んでいる。どこも値段が安い。

患者さんに選んでもらう基準が、「凄い技術」「施術料金が安い」ということだけなのです。選んでもらう基準がそれしかない。それしか考えられないのが現状の整体業界なのです。

あなたはいったい、いつまで「安売り競争」「技術の自慢」をつづけますか?

隣の整体院が「○○療法」「○○健康機器」を取り入れたから真似しよう。いろんな技術を網羅して、技のデパートになればどれかで喜んでもらえる。

どれもがイタチごっこだということに気が付きません。

当学院はこう思うのです。”自分の整体院を好きになってくれた方だけに来てもらえばいいのに・・・”

これからの整体院のあり方は、価格競争に巻き込まれることなく、誰かの真似をしたり、流行りの健康器具を際限なく取り入れることをしないことです。

地域で必要とされる存在になること。自分のことを知ってもらい、自分の整体院のファンを作ることだと思うのです。

今の世の中、整体師は視点を変えなければ生き残れないのです・・・

この時代に必要な整体師を育成することが私たちの使命だと考えています。これらのことを実践するために当学院では、新たなコースを開設しました。

それが「CSR整体師育成コース」です。

CSR整体師事業提案書本コースではこれまでにはなかった、

「一般財団法人日本生涯学習協議会 監修・認定「講師力」養成講座」の修了証が卒業時に発行されます。

fdahj
(国や地域行政とコラボしての社会貢献を推進し、各地で活動が出来るように指導します。)

当学院は様々な方向性の方に回復整体に触れていただく(間口を広げる)ことで、 あなた自身が・あなたの出来る力で・あなたの周りの人を喜ばせること = 「 真の自立 」 を目指した整体師の育成をしてきました。

同様にこれまでも「復興支援特別コース」、「21世紀整体師育成コース」という、これからの時代に必要とされる整体師の育成をしてきました。

更に平成26年10月から、「CSR整体師育成コース」を開催することになりました。時代が求める整体師像とは技術力が高いというだけではありません。

技術は高くて当たり前。その上で地域に根差して住民との関係性を強める整体師が必要とされています。

「地域に根差した整体師」というと仕事上の関係を高めればいいのか?とイメージするかもしれませんが全く違います。その「整体師」がどんな人間なのか?地域の役割の中で自分を知ってもらうことが大切です。

仕事を前面に出すのではなく、個人としての自分が地域に必要とされる存在になる努力をして前面に出ていくこと。不調のある方だけと関係性を強めるのではなく、

地域社会と積極的にかかわることです。具体的には社会奉仕活動やボランティア、あるいは自分が使命として活動していること。好きなこと、趣味でもなんでもいいのです。

その活動を通して地域の方と様々な関係性を持つことだと思うのです。「復興支援特別コース」、「21世紀整体師育成コース」も同様の指導方針でした。

そして開催中の「CSR整体師育成コース」では一般社団法人シンデレラストレッチ協会(以後、協会とします)とコラボレーションすることで更に地域社会と関係性を強める取り組みができるようになります。

当学院では主に「整体院開業」あるいは「社会奉仕のために整体を地域で利用したい」そのような要望に応えての指導をしてきました。

一般社団法人シンデレラストレッチ協会は地域行政や社会奉仕団体等と活動するための取り組みをしています。

例えば現在協会が他企業と共同で開催している「静岡県委託介護予防事業」等もその一つです。協会のインストラクターが社会奉仕活動の一環としてこうした活動に積極的に参加しています。

「CSR整体師育成コース」の6か月間の講義を修了すると、協会インストラクターの認定を受けることができます。認定されると、一般財団法人 日本生涯学習協議会「講師力」認定講座修了証を授与することができます。

本コースに入学いただいた皆様が地元で協会のインストラクターとして、CSR活動ができるように指導します。

活動は整体院を開業した場合はもちろん、個人的に何か地域に役立つ活動をしたいと考えていらっしゃる方の大きな力となることでしょう。

卒業生及び参加希望者から「社会に役立つ整体師をめざしたい。」そのような希望が多いことから本コースは開催しています。

”整体を学んで社会奉仕活動やボランティアも同時に行いたい”ということなのです。とても素晴らしい考え方だと思います。また、当学院講師陣も個人的にこうした活動をしています。

*学院代表夫婦も地元ライオンズクラブで社会奉仕活動をしています。

http://fujiedalionsclub.org/

ライオンズ

実を言えば、前述した「静岡県委託介護予防事業」を一般社団法人シンデレラストレッチ協会が携わることができたきっかけも、

代表の小森が藤枝ライオンズクラブ会員として(株)藤枝MYFC(J3サッカーチーム)と地域の子供たちへの社会奉仕活動を行ったことから信頼関係が築けたからこその事業です。

目先のことにとらわれず、「地域での自分の役割を考える」ことで全く予期せぬ関係性が築けることを自らが経験しました。

こうした活動を通じて当学院に多くの方が引き寄せられててきたのか?と思えます。学院関係者は皆、個人的に地元の社会奉仕活動を生きがいとしています。

社会奉仕活動やボランティア活動を行うことで、整体師個人と地域住民との信頼関係を結ぶことが可能になります。

こうした活動は一度や二度行っただけで信頼されることはありません。活動を継続してこそ、得られるのが信頼関係です。

整体院のような小さな個人事業でもできるCSR活動とはどんなことでしょうか?

CSRの意味は「Corporate Social Responsibility」の頭文字です。日本語で「は社会的責任」と訳されているようです。

誰もが聞いたことのあるような大きな会社では、専用のホームページがあって活動を当たり前のように報告しています。

大企業が行っている活動というイメージがあり、また「整体院のような小さ商売は関係ない。」と思われているかもしれません。

CSRのR(Responsibility)は「信頼度」という意味にも訳せます。当学院では地域の方々との信頼関係があってこその整体院だとの認識を持っています。

地域の中で人と人との様々な利害関係があって、更に地域で働く個人と個人の結びつきを強化していくために必要な活動だと考えています。

これまでは各コースに参加される研修生自身がこうした活動を自分自身で実践してください。と指導してきました。

しかし、実際には何か”きっかけ”がないとなかなか動けないものです。最初からこうした活動をしており、その活動と合わせて整体を学んでみたいという方以外は難しいようです。

また、共通の「かたち」としての拠り所がないと、せっかく活動を見つけても、途中であきらめてしまったり、方向性を見失って迷ってしまうケースもありました。

コース修了後の共通の拠り所として協会があり、更に活動をスムーズにするため協会の実績をバックボーンとして活用できる仕組みを考えました。

本コースでは地元でCSR活動がやりやすいように行政や他の奉仕団体との関係性の持ち方やコラボレーションの方法などを指導します。

実際に地元でこうした団体と活動している講師が協力しますので心強いかと思います。

CSR活動はあくまで地元の方への奉仕活動、ボランティア活動です。そのことで何かをしようとするのではなく、自分自身を知ってもらう機会だと考え、

自分を好きになってもらう。自己紹介をする。知り合いをつくる。集まった方の役に立つ人間になる。人と人をつなぐ。そのような人生を豊かにするための方法だと考えています。

もしかすると通常の「CSR」の意味とは違うかもしれませんが、当学院では整体師としての専門分野を活用した地域貢献をすることに意味があると考え「CSR整体師育成コース」という表現を使いました。

「地域で一番愛される整体師」そして「安定した経営」を目指して、回復整体であなたの自立のお手伝いをしていきます。

たくさんの笑顔がみられるように、当学院講師一同、精一杯頑張って指導していきたいと考えています。

CSR活動の一例

卒業後のCSR実践例

703860_256055291189905_689796711_o

CSR活動を実践している町田一寿先生の例

名古屋市昭和区で整体院「回復整体 延寿」の町田一寿院長は、の理念は、「健康で、楽しく、長生きして頂くためのサポートをする。」です。
今、「健康寿命」が盛んに叫ばれていますが、施術時に痛みがなく、自己治癒力を高め、副作用のない回復整体は、まさに「健康寿命」を伸ばす、最適な手段であると考え当学院に入学されました。

前職は、老人福祉施設で行政書士として事務員として勤務していたそうです。介護の現場で健康で長生きする事の重要性を強く感じられたそうです。また、ご自身もひどい腰痛をわずらい、回復整体と出会い、完治されたことがきっかけとなり、卒業後も当学院の様々な社会奉仕活動に参加するようになりました。老人福祉施設に勤務していた事から、介護職員が腰痛で苦しんでいる姿を見てたそうです。とても離職率の高い業界で、腰痛は職業病のようなもとだそうです。離職の大きな要因の一つとなっています。現在は、整体院を開業し現場で不調のある方の施術をしながら、その経験を活かして高齢化社会に対応した取り組みをされています。

・静岡県委託介護予防事業講座講師(一般社団法人シンデレラストレッチ協会インストラクターとして)

・JEUGIAカルチャーセンターイオンタウン千種「健康長寿を目指す簡単整体講座」(一般社団法人シンデレラストレッチ協会インストラクターとして)http://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_27-16202.html

・名古屋市主催市民企画運営講座「なごやか市民教室」講師

・当学院の東日本大震災復興支援活動の一環として被災地仮設住宅へのボランティア施術

などなど、様々なCSR活動をしながら本業の整体院を開業しています。さらに前職の経験をいかし、介護職員の腰痛を解消し、介護の業界を働きやすい環境にし、超高齢化社会に対応できるよう回復整体をカスタマイズし広めていきたいという目的をもっているバイタリティあふれる先生です。なお、町田先生は当学院の講師もしています。こうしたノウハウを直接学ぶことができます。

IMG_4203IMG_4193unnamjuiedえあえあunnamed

50歳代とは思えない活動的な先生です。また人柄も朗らかで人望も厚い方です。学院や協会の様々な催しでお会いした際には、是非気軽にお声をかけてみてください。

町田一寿の施術所DATA
施術所名 回復整体 延寿
住所 名古屋市昭和区小桜町3-11-5
電話番号 052-732-3678
ホームページ http://www.juroujin.com

 


218586_100703156683800_546310_o

CSR活動を実践している石川明先生の例

愛知県岡崎市の整体院「えがお回復整体 明楽堂」 石川 明院長は、当学院の卒業生です。

石川先生は、名古屋市生涯学習センター及び講師岡崎市生涯学習活動の市民講師として活躍しました。

個人的な社会奉仕活動としてご自身の理念に基づいた活動として取り組まれました。

普通の整体師が行政の取り組みにかかわることは、本来なら難しいことです。

しかしながら、当学院の細かな指導に基づき、過去の活動の実績に基づいた提案をすることで行政が開催するこれらの活動を行うことが出来ました。

各市が開催する教室の講師という、信頼ある活動を通して自分自身の魅力を伝えることが出来ました。

結果的に整体院の宣伝をせず、個人としての人柄や魅力を伝えることで多くの方が口コミで整体院に来院されました。

「あの市民講座を開催している先生なら信頼がおける」「地域の方の健康を真剣に気遣うことのできる先生だから不調のある方を紹介したい」

こうした方々は、整体院の技術や施術料が高いとか安いなどの理由だけで石川先生の整体院に来たわけではありません。

石川先生という地元で一生懸命に社会奉仕をしている個人との関係性があって、その魅力を感じておみえになったわけです。

その背景には、口コミ等で来院された方の信頼を裏切らないプロとしての高度な技術力があるわけです。

逆にいえば、口コミ等でおみえになった方の信頼を裏切るような技術を提供してしまえば、あっという間に悪い噂が広がります。

信頼関係とは相手を裏切らないことです。裏切らないために整体師は相手のために技術を磨続けることです。

1379472_536642959748819_1346160734_nIMG_4603

石川明先生は地元での活動のみならず、当学院全体の東日本大震災復興支援活動等の様々な社会奉仕活動をされています。

石川明先生の施術所DATA
施術所名 えがお回復整体 明楽堂
住所 愛知県岡崎市羽根町陣場264サンエイビル1F
電話番号 0564-53-5025
ホームページ http://seitai-okazaki.com/

学ぶ手技

本コースの特徴は前述しましたように「地域社会との関係性をつよくする」ことです。

ただし、こうした付加価値が実践できるにはしっかりとした技術があってこそです。

プロとしての整体の技術を徹底的に習得し磨き続けることが大前提の取り組みです。

当学院の多くの卒業生が現在も全国で活躍しているのは、柱である技術をしっかりと身に付けているからです。

社会貢献ができる整体師・・・という文言だけをみると、「きっと技術は適当に指導するのでは?」

とお考えでしたら、それは大きな誤解です。整体師は技術があってこその存在です。特に今は情報化社会です。

整体技術を学び地元で開業したは良いが、いい加減な技術で経営していれば、直ぐに悪い評判が広がってしまいます。

どんなに地元で社会貢献をしても、本来の仕事がおろそかでは誰にも信頼されません。

社会貢献するという事は本業がしっかり成り立ってのことです。また、成り立たせるためには地域に溶け込み信頼を得ることです。すなわちその両立が最も重要です。

一流の技術を持っているから、その技術に誇りがあるから、他のことをやっても周囲が信頼してくれるのだと思います。

仕事がでたらめだったら、他の事もでたらめだろうと考えるのは当然のことだと思います。

ですから、技術は徹底的に学び磨き続けることが当然だと考えています。

一流の職人さんは絶対に道具の手入れを怠りません。また、道具の手入れは陰でコツコツとやるものです。

大工が錆びたノコギリを使うでしょうか?同じように整体師も学んだ手技を道具と考えれば、毎日手入れをするのは当たり前だと思うのです。

日本回復整体総合学院の「CSR整体師育成コース」では基礎的な手技とその理論を徹底して6か月間学びます。

「いったいどんな講義をするのか?」と気になる方もいるかと思います。当学院では代表者や講師が過去に行った様々な講義を無料でYoutube(動画)で公開しています。

過去に撮影した多くの講義やセミナー映像を公開しています。動画をご覧になっただけでも回復整体の多くを学べることと思います。

動画を見て入学を思いとどまる。もしくは動画で学習すれば十分と思われる場合もあろうかと思います。また、少しでも不安があるときはこれらの公開されている動画講義をでご覧になることをお勧めします。

無料で動画を公開する理由の一つは、「私たちから直接整体を学びたい」というやる気のある方に学んでいただきたいという思いがあります。

地域貢献しながら整体院を切り盛りしていくには、継続性のある活動ができなければなりたちません。地道な取り組みであり、一朝一夕では成り立ちません。根気が必要ですから、直ぐに結果を出したいという方には向かないかもしれません。

なので地域で関係性をつよめ、人と人とをつなぐ整体師になるためには動画だけでは伝わらないこともたくさんあります。人間同士の出会いを最も大切にしているからこそあえて無料で技術動画を公開しています。

*以下、日本回復整体総合学院Youtubeチャンネル及び一部の手技動画です。

local_youtube

*CSR整体師育成コースでも学ぶ「筋・ウェーブ法」の動画講義です。

*CSR整体師育成コースでも学ぶ「運動制限変位法理論解説」の動画講義です。

*CSR整体師育成コースでも学ぶ「運動制限変位法指手首手技解説」の動画講義です。

*CSR整体師育成コースでも学ぶ「整体院経営法」の動画講義です。

*日本回復整体総合学院Yotubeチャンネルには、上記動画以外にも多数の動画がありますのでご覧ください。

local_youtube

gdrsss

■卒業後の技術指導について

6か月間の基礎的な手技・理論を学んだ後は、卒業後にも必要に応じて学び続けることができます。

卒業後の指導は学院長が必要に応じて経営指導、開業サポート等を行うことができます。

(卒業後のサポートは半年間有料で受けることができます。詳しくはご相談ください。)

コース概要2

【受講期間】
6ヶ月 (ホームワークあり。宿題提出あり
1年コース有(開業サポート・経営・伝達・マーケティング・独自性の整体院の確立)
【受講日程】
全日 午前10時~午後5時まで
2017年(予定)
4月の募集は残り数名可能です。

5月以降のの日程は以下の通り。

5月は 27日・28日
6月は 24日・25日

7月は 22日・23日
8月は 26日・27日
9月は 23日・24日

となります。
入校確定者へ随時連絡開始
追ってスケジュール決定次第となります。
~基本 月の第4週の金・土となります。
(★予定ですので若干変更することもございますが、あらかじめお伝えいたしますのでご安心ください。)
【受講料】 
6ヶ月・・・・750,000円(税別)
1年コース価格・・・・1,500,000円(税別)
受講途中のコース延長は追加料金となりますのでご了承ください。
【受講場所】静岡県静岡市葵区紺屋町8-12金清軒ビルセミナールーム内
(静岡駅より徒歩2分)
【教材】
デジタルデータ教材  他テキスト一式(パソコンやタブレットでご覧いただける教材となります。)
協会インストラクター用教材一式
ご入金確認後、教材発送および事前学習開始
【コース指導】

代表  小森秀信  学院長  小森やよい
【定員】

最大3名程度

 

CSR整体師コンセプトについて

① 学院理念である「不調者は健康を施術者は社会的・人間的成功を」に基づき施術だけでなく健康回復情報を提供するプラットホームになるための整体院・整体師の育成をします。

② 代表小森秀信と学院長小森やよいの夫婦での整体院経営の経験・ノウハウ・実績を元に夫婦で開業・家族で独立開業を目指す方を全力でサポートいたします。(学院代表が監督者として、学院長、講師陣が手取り足取り指導します。)

③ 施術料や技術のみで他と価格競争する経営ではなく、地域のみなさまに真の健康を発信し指導していく整体院つくりを指導します。

CSRの一般的概念は
「企業と世の中が良い関係を共に築き続けること」を言います。

CSR整体師育成コースの特徴

整体院・整体師はカラダの不調を回復させる施術のみの役割だけでなく、
地域への社会貢献をしながら
「元気なカラダつくり」を各家庭へ届ける情報発信地となることを目的とします。

よってこのコースには一般社団法人シンデレラストレッチ協会インストラクター講座
および公益財団法人日本生涯学習協議会(所管 内閣府)監修・認定「講師力」養成講座
が含まれています。

★★シンデレラストレッチとは回復整体の自己療法です★★

*詳しくは以下のバナーをクリック。

gaad

コース終了にこれらの資格を取得することにより、

一般社団法人のインストラクターとして・また公益財団法人監修の講師として地域の行政の講座で活躍したり、カルチャー教室での講師としても動ける社会貢献をしながら地域に絶大な信頼を得られる整体師の育成をします。

一般社団法人シンデレラストレッチ協会概要

*詳しくは以下のバナーをクリック。

eaaaeea

一般社団法人シンデレラストレッチ協会役員関係者等

*画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

aeaaa

feaa

faaea

feagggtt

dfa

feafaea

feaag

静岡県介護予防事業共催について

一般社団法人シンデレラストレッチ協会インストラクターは今秋、
プロサッカーチーム藤枝MYFCとの共催で静岡県委託介護予防事業を行います。

cgzag

えあえあunnamed

*詳しくはこちらで
http://ameblo.jp/cinderellastretch/entry-11922712099.html

これを機に各都道府県でも行政の事業に参加できる協会インストラクター整体師を育成していきます。

愛知県名古屋市で開業し、県の市民講座講師として活躍している
町田一寿先生の例
http://ameblo.jp/enjukun34/entry-11924014932.html

【CSR整体師育成コースカリキュラム概要例】 

以下は代表的なもです。もっと詳しくお知りになりたい方は
学院へお問い合わせください。

●回復整体理論解説

~心とカラダの恒常性について
程度と加減、呼吸によるカラダの緊張と緩和~

・身体の可動範囲について

・交感神経と副交感神経

・原因療法と対症療法

・回復ノートの使い方

・重傷者への対応法

・その他

●回復整体基本及び主な応用技法

・標準アプローチ法

・回復整体7メソッド

・肩こり、腰痛、股関節への対応

・軟部組織復元法

・ギックリ腰、下肢緊張法

・腰痛種類ごとの解消法(捻って痛い腰痛等)

・40肩、50肩対応法

・筋肉の横引き牽引法

・動かして痛い痛みの解消法

・背中の張り、頚椎の凝り解消法

・圧痛の解消方法(筋ポンプ法・指腹法・他)

■回復整体 経営法・伝達法(コミュニケーション法)

・独自性のある整体院・チラシ・ブログ等の書き方

・不調者伝達法

・関係者へのレターの書き方

・自己回復ストレッチ

・ポスティングの意味・ポスティング方法

・独自性整体院の経営について

・施術が初めての方への注意事項&施術所のルールをつくる

・快福枕、シンデレラピローの正しい活用方法

・最短で施術家として成功する方法

・日本人の姿勢はなぜおかしくなったのか?など   他

・自院を応援してくれる口コミの達人のつくり方

・予約の取り方・予約表の埋め方

・なぜ痛くなったのか?の伝達法

・地域貢献できる整体師とは?

■ 応用技法講義
側湾症・妊婦さんへの施術法・椎間板ヘルニアへの対応など
施術所でのよくある各症例に沿った講義・実技を学びます。

■ 集まる集客ノウハウ

■申し込み・お問い合わせは

日本回復整体総合学院
電話 054-653-0071

e-mail:3onstaff@gmail.com

ご質問は
e-mail:yayoi@3on.jp
及び直通電話 小森 やよい 090-9195-4756 まで。

*以下のフォームでお問合せができます。

(お申し込みの場合はその旨を補足事項に記載してください)

ご用件 (必須)       資料請求お問い合わせ
お名前 (必須)     
お名前 フリガナ (必須) 
性別 (必須)         男性女性
年齢 (必須)  
職業 (必須)  
メールアドレス (必須)      
電話番号 (必須)         
FAX番号           
住所 (必須)
都道府県     
市区町村     
丁目番地     
ビル・建物名   
郵便番号 (必須)  
当学院をどこで知りましたか? (必須)  
お問い合わせ内容 

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み