骨格は嘘をつかない?

「ライ・トゥ・ミー 」

というアメリカのテレビドラマがあります。

シーズン3まで作成されました。

NETFLIXですべてのシーズンが視聴できます。

このドラマ、私たちの整体という職業に通じるものがあります。

ドラマそのもののストーリも面白いのですが、

整体という仕事を考えながら、このドラマを見ると凄く面白いです。

私は警察官として10年以上仕事をしていました。

警察官はある意味、どんな相手でも最初は疑うのが仕事です。

法を犯しているのではないか?

と思える人間に対し、職務質問をして、

相手が答える言葉と、

その時の顔の表情、目線、ボディランゲージ等、

捜査官の五感を最大限に活用して、

挙動不審とおもえる内容について、裏を取り、

真実を導き出します。

警察に限らず、公的な捜査機関、

例えば税務調査などで皆さんもおなじみ?の

税務官も税金の深刻を滞りなく行っているか?

という事実に対して質問し、不振な態度や言動から、

真実を追究していきます。

これらは全く警察官とおなじ捜査方法のひとつです。

さて、前置きが長くなりましたが、

このテレビドラマは、

犯罪を犯した人間が、捜査官から尋問を受ける際、

嘘を答えた際に、必ず心理的に顔や身体に特徴が出る。

その特徴を解析すると、相手の心理がわかり、

真実が暴かれるという内容です。

面白いです。

不安や恐怖を感じたときの表情やしぐさ。

信頼しているときの表情。

性的な興味を持つと、瞳孔が開く。

自分の言動に対して、自信がないとき、一歩下がる・・・

必ず相手の仕草には真実が隠されています。

これらは全て脳の伝達により、筋肉が反応すると言うことです。

ということは、私達の整体と同じ感覚なわけです。

骨格診断(骨格解析というべきでしょう)から、

相手の日常生活の解析を行います。

患者さんが、自分でも気がつかない無意識の動作が、

骨格を見るだけでわかるわけです。

たとえ、何か身体に悪いことをしていて、相手が嘘をついて隠していても、

必ず心的特長が出ます。

潜在意識に眠っている、相手の不安や恐怖等、

現在の心的ストレスさえも、現在の相手の骨格を解析するだけで、

真実がわかるのです。

言葉を変えれば、骨格の捜査官ですね。

このテレビドラマを見ると、

私たちの仕事の様々なヒントがあるのではと思いました。

興味のある方は是非視聴してください。

—————————

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

http://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 整体師の皆さん、5 年後10 年後を想像(創造)しましょう。

  2. 独自性のある整体師育成の事例のご紹介

  3. 「技術」ほかとどう違うの?1日30人以上施術しても疲れない?

  4. 仲間-拠り所-技術の真ん中に整体師がいることで成功すると考えています。…

  5. 整体院の簿記の知識

    整体院開業の実務/整体院の営業成績(簿記の知識)

  6. 会社を持つまでは「理念」の意味がわかりませんでした。

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)