どんな時も寄り添うのが整体院の役割

講義メモ

—————————
整体師が患者さんに、

「こうあるべき」

「こうであってほしい」

と思うのは自己中心的考え方で押し付けです。

どうありたいかは患者さんが一番知っていることです。

その考え方に寄り添うのが整体院の役割です。

患者さんの気持ちに寄り添い、共感することです。

甘えてもらっていいと思います。

ただし、甘やかしては本人の為になりません。

患者さんの理不尽はしっかりただしたうえで、

院長先生にしかできないことで甘えてもらいましょう。

—————————-

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

http://bodyschool.jp/csr/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 整体院が「個」を思う存分発信できる今!

  2. 予約システム(回復カリキュラム作成)まとめ

    予約システム(回復カリキュラム作成)まとめ

  3. 毎日カップラーメンでも元気な人は元気!

  4. 研修生の多くが思うこと「まずは大切な家族を笑顔に」

  5. これからの時代、整体師は駄菓子屋さん的経営が必須になる?!

  6. 上肢大胸筋・腋下筋軽圧可動法/五十肩・息苦しい

    上肢大胸筋・ 腋下筋軽圧可動法/五十肩・息苦しい

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)