アットホームは飛び抜けた整体院の独自性

日本回復整体総合学院 学院長の小森やよいです。

さて、私達夫婦が整体院を開業したとき実は自宅でした。
扉を一枚隔てて、こちらはリビング、あちらは整体院。

リビングでは当時生後8ヶ月だった長女が笑ったり泣いたり・・・
そして私が娘をあやす声が隣の部屋の整体院に響く。

当時、整体院の施術は夜の9時までやっていたので
扉一枚向こうに奥様と赤ちゃんが居る!っていうアットホームさがあると
20代の男性院長先生が施術していたとしても、
同じく20代の若い女性は安心して施術に来ることができるのです。

そして、もう一点は田舎での開業。
来院される患者さんはお年寄りが多いわけです。

私が生後8ヶ月の娘を抱いて整体院の受付をしていると
娘に声をかけてくれたり、泣いていると抱っこしてくれたり、
子育ての悩みを聴いてくれたり・・・本当にお世話になったんですよね~。

そして娘の顔を見るのが楽しみで来院され、
「この子の顔をみると元気になれるよ~」って励みにしてくださった。
娘は僅か生後8ヶ月で自然と「看板娘」になっていたのですね。

子育てしながら整体院。
一見、不利に感じる環境が繁盛整体院へと導いてくれていたのです。

その頃はまさかこのアットホームさが私達夫婦の独自性になっていたとは
知る由もなく・・・狙って故意にそうしていたわけでもないけれど

整体の技術と共に家族の温かさをご提供していたのかな?と
今になって回想している私がいます。

もちろんその数年後、愛犬モモ・ラブ・マサルが整体院の
「看板犬」となったのは紛れも無い事実。
アットホームな整体院。
それが私たちの誰にも負けない独自性であり
原点でした。

さて毎月CSR整体師育成コースが開催しています。

患者さんの施術をした後に「患者さんに教える自分整体」も学びます。

回復整体はそのときの施術のみで終わりません。
目の前の患者さんを最短で回復へ導くために、家で出来る自分整体法を
指導するのです。これが回復整体の独自性の一つとなっています。

ではその自分整体法、肩こり予防法の一つをご紹介しますね!
(ぜひ自分で実践してみてくださいね~~)

「寝たままハンマー投げストレッチ」

【お知らせ】

CSR整体師育成コースはすでに締め切りましたが、現在入校を検討中の方に限りご相談の上入校を判断したいと思います。

以下、詳細ページです。

http://bodyschool.jp/csr/

あなたの人生、あなたが自分でレールを引きませんか・!
あなたの人生、自分で創造しませんか!
あなたの愛する人を自分の手で元気に導きませんか?!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入校をお待ちしてます。

関連記事

  1. 私のおばあちゃんが空にいった日

  2. 整体院の経営には母性が必要

  3. 【繁盛の6つの秘訣】あの整体院が繁盛している理由が不明だ!

  4. 回復整体の次回予約提案は理論に基づく一連のプロセス上にある

    回復整体の次回予約提案は理論に基づく一連のプロセス上にある

  5. 回復整体を学ぶには凄く高いハードルがある?

  6. ユニーク整体師が参考に”普通は泣く子も黙る?〇〇さん”

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)