整体師なのに整体の手技で不調を改善するわけではない!

整体師なのに整体の手技で不調を改善するわけではない!
と言われたらおかしいと感じますか?

日本回復整体総合学院 学院長です。

お休みで読書をしました。
「生きていくあなたへ」日野原重明著 幻冬舎出版

みなさんもご存知のように日野原重明さんは今年105歳でお亡くなりになりました
聖路加国際病院名誉院長です。

その本の中の一節に私はとても感銘を受け共感しました。

「医学とはサイエンス(科学)の上に成り立っているアート(芸術)である。」
~ウィリアム・オスラー~

「 聖路加国際病院は病気を治療する場所ではない。神の愛によって患者の苦しみを癒す
場所である」
~日野原重明名誉院長~

この上記の言葉と私達が21年間伝え発信している回復整体がとてもよく重なりました。

(何年か前、日野原先生の講演会に夫婦で参加しました。上記はそのときの写真です。)

私は学院の研修生に「伝達法」を重点に指導させていただいてきました。

なぜなら、整体とは「手技・技術」が一番!と考えている方が圧倒的だったからです。

患者さんの筋肉に対してアプローチをかけている方がほとんどです。
筋肉や骨格しか見ていません。

患者さんの顔色・表情・所作・服装・言葉・返答・そして生活の背景・人間関係・・・
患者さんの「目」を見ていない方が多いことには本当に驚きました。

上記のウイリアム・オスラーのアート(芸術)と言う言葉は
「きれい・美しい・鮮やか」という画や音楽に対する感想ではなく
その画や音楽を聴くことによって自分自身が幸せになる。安堵する。癒される。

このような状態になるから
「医学」は科学の上に成り立っているアート(芸術)と言っているのだと解釈できます。

なので、整体も同じで
技術や理屈で患者さんは幸せ(癒される)にはならないのです。

共感・共鳴・寄り添う・傾聴というアート(芸術)が何より必要なのだと思うのです。

私たちの学院は「伝達法」なくしてこの回復整体は伝えられないと思っています。

なぜなら筋肉にアプローチするのではなく、「脳」にアプローチするからです。

何十年も腰痛の方いませんか?
医師から手術しかない!と言われている方はいませんか?
その肩こり、いつまで揉み続けますか?
なぜまた方が凝るのですか?
何回何年通ってもなぜ改善しないのですか?

お子様の喘息・側湾症・姿勢の悪さ・腹痛・頭痛
お薬でよくなりましたか?
なぜ繰りかえすのでしょうか?

ぜひ常識を疑ってみてください。

身体は真理に基づいたことならシンプルに回復に向かいます。

今日は日野原先生のご著書を拝読して
回復整体と重なった部分をお話させていただきました。

「あきらめないで!その痛み・コリ」

関連記事

  1. サザエさんのエンディングテーマが憂鬱にならないわけ

  2. 整体師の仕事とは、理不尽と思えることを噛み砕いて経験とする

  3. カラダから観る男の一生・女の一生

  4. 整体師にとって異業種交流は必要

  5. あきず、あせらず、あきらめず

  6. ネットでつながることで安心とオフでの厳しさも大切

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)