整体で技術を学ぶより「遊びごころ」を強化しよう!

 

高度な手技療法を習得しても整体院の経営にはプラスにならないことも

当学院に入学を希望される方に「回復整体を学ぶ目的は何ですか?」という質問をします。
単純に技術だけを学びたいのですか?それともほかに理由がありますか?

多くの方が「結果を出せる手技を学びたい」といいます。

スクール事業をはじめてから10数年、何千人という療術関係の方々から相談を受けてきました。
電話やメール、すぐに話を聞きたいという方からは直接面接したともありました。

 

当学院の卒業生で開業された先生方は繁盛している方も多数います。
そんな噂を聞いて私たちにコンタクトをとる方も少なくありません。

「どうしたら結果の出せる手技療法を習得できますか?」
「症例に対応した部位ごとの整体法を教えてほしい!」
「技術に磨きをかけて自信を持ちたい・・・」

等々・・・

 

ほとんどが職人的な資質を身につけることで整体院を繁盛させたいという内容ばかりでした。

質問される方の気持ちもよくわかります。
整体院にとっての柱となるものは「結果の出せる技術」です。
これに間違いはないと思います。

ところが結果を出せない多くの整体院・治療院は流派は別にして、真面目に技術習得に取り組んでお金も時間もかけています。
「結果を出せる整体院」とは、高度な技術力と合わせて重要な事があります。
その重要な事を全くわからない、理解していないことが、このような空回りの原因だと考えています。

技術力と経営方法はタイヤの両輪のようなものです。

どちらもかけている場合もあれば、どちらかが欠けている場合もあります。

上記の質問をされる方の場合、技術習得の努力は人一倍していると思われますがほとんどの場合「他の重要なコト」が欠けていると思われます。

 

ですからどんな高度な手技療法を習得しても整体院の経営にはプラスにならないことも残念ながらあるわけです。

整体院として手技療法を提供する前に、地域に置かれた自分の立場やあるいは経営者としての視点で物事を見ることも重要です。

当学院でもこの事実は必ず説明しています。説明といっても、それほど難しいことではありません。
しかし、簡単な事だからこそ大人のこころはバカにしてしまうのか、それとも当たり前すぎて頭に入ってこないのか?
直接指導しても、理解してもらうのにかなりの時間を費やします。

 

「独自性」を理解できないのはむしろ当たり前かもしれません

なぜ、時間がかかるのか?時間がかかって当然だと思います。

今でこそ「独自性のある整体院の経営」などと言っていますが、整体院を経営していた当時私たちも「独自性」などということは理解していませんでした。

開業当時からたくさんの患者さんが来院してくださいました。多い日には一日50人を超す日もありました。

毎月400人~600人と安定した人数の施術ができました。

開業していた15年程度の期間ずっとです。

当時はそれが当たり前で何か特別な事をやっているという感覚は全くなかったです。

整体の仕事はやりがいがあり、楽しかったのですが、それ以上に毎日汗をかきながら必死?にやってきたということが事実です。

 

なので、当時は「なぜ小森さんの整体院はそんなに繁盛しているの?」

と同業者の先生から質問を受けても明確に答えることはできませんでした。

なぜ同じことをやっているのに(同じ技術を習得していればなおさら)患者さんが来ないのか?私たちには理解できませんでした。

今思えば怖い話ですが、自然に行っていた独自性のある方法が何らかの原因で失われていたら?たぶん、廃業していたかもしれません。

気が付いていなかったということが逆に恐ろしく感じます。

 

私たちの経営に「独自性」があったと知ったのはスクール事業を通してでした。

正確にいえば、「からだの学校ブログ」というブログを通じて全国の様々な流派の皆さんのお話をきいたことからです。

自分たちの整体院経営を客観視して、「なぜ繁盛していたのか?」ということを夫婦や当時の仲間と語り合った結果です。

話がそれましたが、だから日本回復整体総合学院で学ばれていた先生方も、「独自性のある整体院」といくら説明してもなかなか理解できないわけです。

(指導している私たち夫婦でも10数年かかったわけですから・・・笑)

独自性(USP)を合わせた整体院の経営方法はすごく単純な事なんですが、単純だからこそ難しい?

というジレンマがあります。むしろ子供や学生さんのほうが理解しやすいと思います。

遊び心(あそびごころ)をもつことが独自性を引き出すことにつながります。

(遊びゴコロが大切!といろんなアイディアで周囲の方を楽しませる卒業生の皆さん)

 

整体師に遊びゴコロがある!=たくさんの患者さんが通院してくれる!

遊び心があるということが、単純であり真理だと思うのです。

カリキュラムの中で以下のようなことを考えてもらいます。

あなたの趣味はなんですか?好きな事は?やめられないことは?何か依存していることでもいいですよ?

みなさん、最初はすごく難しく考えます。

真面目な事を考えなければ!人に聞かれて恥ずかしくないことを出さなければ!

なんて、気負って考えてしまいます。

あまりにも難しく考えて今う方には、たとえ話を出したりしながら単純に考えてもらうように仕向けます。

 

すると・・・いろいろ出てきます。

  • 私はテレビゲームが好きではまっていますがそれでもいいですか?
  • 私は○○というアイドルが好きで追っかけをしていますが、恥ずかしくないですか?
  • 私はお酒に依存しています。毎晩のまないとダメなほど・・・これはまさかダメですよね?
  • 猫や犬が好きで常に一緒にいたいです。これじゃ患者さんが迷惑ですよね?
  • 漫画が大好きです。自分の部屋には何千冊と漫画があります。これじゃなんにもならないですよね?

などなど・・・

趣味の話や好きな事の話になると、みなさん顔色がよくなり笑顔になって語りだすんです。

これこそが仕事につながる独自性を出す秘訣なのです!

例えばこんな方法で自分の独自性を考えた先生がいました。

以下のリンク先を読んでいただければと思います。

ちょっと変な整体院、仕事はそっちのけ?好きな事をやって口コミや紹介を増やす方法

 

こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

コース案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. ⑧手組挙上ゆらし回復法(仰臥位コアテクニック回復法手順~仰向け~)

    他のCTC技法解説は以下を参照ください。回復整体における「骨盤調整法」コアテクニック技法理論…
  2. 「スタッフ雇用型」の整体院経営、年商5000万!成功への最短距離

    日本回復整体総合学院の卒業生の中には、「回復整体」を…
  3. 整体院経営起死回生のために、STEP⑥自分自身を見つめ、演出せよ!

    整体院経営起死回生のために、STEP⑤行動せよ!「やるなら今しかない!」 の続きです。&nb…
ページ上部へ戻る