⑪側頭骨軽圧回復法(頭痛・めまい)

⑪側頭骨軽圧回復法(頭痛・めまい)

このページは以下の回復整体基礎理論①~⑥の説明中の技法です。応用技法として単体でも活用可能ですが、基礎理論説明と合わせて活用ください。(この技法自体は回復基礎理論⑥からリンクされています。)

回復整体基礎理論①(身体の歪みを解消する仕組み)

回復整体基礎理論②(対症療法と原因療法)

回復整体基礎理論③(身体と脳(心)の関係)

回復整体基礎理論④(呼吸運動理論)

回復整体基礎理論⑤(可動範囲と程度と加減)

回復整体基礎理論⑥(標準アプローチ法技術解説)


⑪側頭骨軽圧回復法

側頭骨軽圧回復法は標準APP法の最後となる手法である。
ここまで全身の調整が完了し、最後に頭部における手法を行い調整する。

この回復法で全身の調整が完了するわけであるから、決して気を抜くことなく、これまで行った調整を意識しながら、最後に施術者の手を離す瞬間まで注意を怠らず行うこと。
この回復法では、軽圧を用いる。

ここでは頭蓋骨も関節と定義する。
頭蓋骨関節の調整で主に改善される症状として、額関節、頚椎の不具合、頭痛、目の痛み、目の奥の痛み、めまい、歯痛等である。

以下、側頭骨軽圧回復法における手順と注意事項を述べる。

ア)施術者の体勢は相手の上方(頭側)に位置し、施術台に両手を乗せる形で蹲踞する。

イ)呼気で耳の下辺りに掌の中心をあて、耳をふさがないようにする。

ウ)同時に呼気で軽圧、吸気で開放する。これを4~5回繰り返す。

エ)開放の際も、ゆっくりと行い、急に手を離さないこと。

呼気で軽圧、吸気で開放

図の位置に呼気で軽圧、吸気で開放する。この動作を4~5回繰り返す。
開放する際は、急にではなく、ゆっくりと行う。

掌をあて、軽圧を行う

○印の位置に掌をあて、軽圧を行う。耳をふさがないように注意する。

*無断で複写複製(コピー)することは法律で認可された場合を除き著者の権利侵害となります。


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

 

関連記事

  1. 整体師の皆さん!自問自答、アタマの整理、 ここから始ては?

  2. 膝の曲がりと高さをみる(仰臥位)

    標準アプローチ法実技解説 /膝の曲がりと高さをみる(仰臥位)

  3. 家庭や職場、教育現場でできる「回復整体」

  4. 整体師に必要な<言葉のないコミュニケーション>

  5. 標準アプローチ法における骨格検査法/骨格検査時の注意

  6. 回復整体の技術は再現性と即効性そして骨格問診・骨格検査・骨格診断」の繰…

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 四十肩・五十肩/上腕(肩関節)の前方変位解説
  2. 講義資料「身体の歪み」について
  3. 講義資料「程度と加減」について
  4. 整体院経営はオンリーワンでも孤独にならないこと/学院三法について
  5. 座位爪先回転法/脚全体(片脚)酷い硬縮・痛み