①背骨瞬間圧回復法(脊柱の歪み矯正)

①背骨瞬間圧回復法(脊柱の歪み矯正)

このページは以下の回復整体基礎理論①~⑥の説明中の技法です。応用技法として単体でも活用可能ですが、基礎理論説明と合わせて活用ください。(この技法自体は回復基礎理論⑥からリンクされています。)

回復整体基礎理論①(身体の歪みを解消する仕組み)

回復整体基礎理論②(対症療法と原因療法)

回復整体基礎理論③(身体と脳(心)の関係)

回復整体基礎理論④(呼吸運動理論)

回復整体基礎理論⑤(可動範囲と程度と加減)

回復整体基礎理論⑥(標準アプローチ法技術解説)


①背骨瞬間圧回復法

瞬間圧回復法とは呼気において正中線に沿って数箇所、触れられた本人がほんの少し感じられる程度の圧をいう。
呼気で軽く圧力をかけることにより、身体は一瞬にして脊柱の歪みを回復させることが可能となる。(基礎理論参照)

ア)呼気で棘突起を指の腹側を水平に腰部上に3箇所、圧力をかける。

イ)圧力をかける際には軽く水面を滑るごとくかける。

ウ)圧力をかけることに意識を集中せず、かけた後、すばやく指を引き上げる。

ことに集中し、指先だけではなく腕全体の力を抜いて行うこと。

エ)圧力をかけた3箇所は、全て同じ圧力のかけかた(加減)を心がける。

オ)呼気一回で全てを終了させることを念頭に置くが、一呼吸置いて2回に分けて行っても良い。

カ)施術者の体勢は腰部付近をまたぎ、猫背にならないよう腰を深く折る。

キ)指から肘(腕)の角度は約20度が望ましい。

ク)圧力をかけるのは片手中指のみで他の指でかけないこと。

ケ)終了後、棘突起の位置関係を再度棘突起なぞり検査で確認する。

コ)瞬間圧回復法により、予測した症状が改善されたかどうか問診する。

背骨瞬間圧回復法

①~③の順に呼気1回~2回の間に同じ圧力で瞬時に行う。指の腹の中心が触れるように行う。

腕の角度は指先から約20度の位置で行うのが適正な位置である。

中指の指先腹の部分で行う。

中指の指先腹の部分で行う。
他の指は使わない。
指先は尖らせず、柔らかく、脱力した状態をつくる

呼気で棘突起を指の腹側を水平に腰部上に3箇所

呼気で棘突起を指の腹側を水平に腰部上に3箇所

瞬間に棘突起の位置が正常位置にもどることを確認

矢印の部分がなぞり検査で確認した棘突起の部位である。瞬間に棘突起の位置が正常位置にもどることを確認する。


こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

こんな「ちょっと変わった整体師」の育成もしています!↓

関連記事

  1. 標準アプローチ法における骨格検査法/挙上検査(仰臥位)

  2. 回復整体の理論について

  3. 回復整体で重症な方を施術する際の注意事項

  4. 標準アプローチ法における骨格検査法/姿見検査(仰臥位)

  5. 施術シュミレーション

    ハプニングを想定した施術シュミレーションは現場で役立つ

  6. 標準アプローチ法における骨格検査法/検査と観察(用語の説明)

カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)
  2. イギリス人は貯金がないのに、幸せな老後を過ごす。なぜ日本人は無理なの
  3. 多くの療術家の前、ガチンコで長年の慢性痛を改善
  4. 慢性痛の本当の原因とは? 身体の脳の副作用。 命を守るためやむを得ないこと!
  1. PayPalのオンライン決済について (受講料のカード、分割払い)